mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 友達のラインを超えて好きなんだ

友達のラインを超えて好きなんだ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年5月24日 21:44更新

「友達のラインを超えて好きなんだ、雪輝くんが。」

未来日記9話で秋瀬或が言った名言

未来日記が好きな方
秋瀬或が好きな方
このシーンが好きな方
そんな方の為のコミュニティー



・秋瀬 或(あきせ ある)
声 - 石田彰
雪輝のクラスメイトで、世界的な探偵になるという夢を持つ謎の少年。雪輝の身辺について調査しており、彼に興味を抱く。かなり肝の据わった人物で、日向とまおに奪われた『無差別日記』の効果を策略により封殺した。由乃に殺されそうになった際に合気道のような技でいなした場面や人間2人を担いで移動する場面もあることから身体能力もかなり高いようである。雪輝を性的な意味で好きらしい。ちなみに物語中、唯一由乃を「素で引かせた」人。
10thを尾行していた事から彼に未来日記所有者であると疑われ、10thの娘である日向に狙われることになる。10thとの戦い後、今度は由乃に事件性を感じ、彼女の身辺を調べている。
由乃と共に失踪した雪輝の捜索、対8thの配下戦の作戦立案など、雪輝のために積極的にサバイバル・ゲームに介入する。また、西島刑事や雨流みねねとも情報の交換・作戦の話し合いなどをしあっている。
11th戦後、デウスが変動し続ける未来を観測するために作った観測者だと正体が明かされデウスに消されかかるも、事前に打っておいた一手で復活。8thの協力で日記所有者の行動を予知する未来日記「探偵日記」を得て、雪輝たちの前に立ち塞がる。しかし、日記の力を過信し、由乃の策に嵌り死亡する。
『パラドックス』では主役として雪輝の代役を果たす。
未来日記計画がとん挫した3巡目では本来存在しないはずだが、何故か最終話でも登場している




・未来日記
『月刊少年エース』(角川書店)において、2006年3月号から2011年2月号まで連載された。単行本は本編12巻、外伝2巻まで発売されており、累計発行部数は200万部を超える[1]。

第32回講談社漫画賞で少年部門の候補作にノミネートされた[2]。

2011年3月より『4コマnanoエース』においてスピンオフ漫画『未来日記モザイク消し』が連載中。




・ストーリー
周囲に関わろうとせず「傍観者」であることを望む中学2年生の少年・天野雪輝は、見聞きした全てを携帯電話の日記に付けていた。友人と呼べるのは、時空王「デウス・エクス・マキナ」と彼の小間使い「ムルムル」だけである。もっとも、これらは雪輝の空想のはずだった。

ところがある日、自分がまだ体験していないはずの未来が日記に書かれるようになる。それは空想のはずのデウスの仕業だったのだ。未来を知ることで調子に乗り、有頂天になる雪輝。しかしその後、同じように「未来日記」を持つ人間が自分を含め12人いることと、その12人による次期時空王の座をかけた殺し合いのサバイバルゲームが開かれていることを知る。





wikipediaより

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 22人

もっと見る

開設日
2011年12月12日

2138日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!