mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > サークル、ゼミ > アンチ ロックフェラー

アンチ ロックフェラー

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年6月5日 10:01更新

よろしく 指でOK

気合いだーーーっ!!!

世界を牛耳ってる一族だそうです。

アメリカも言いなりです。

敵に回してはいけない相手です(汗

でも、アンチなのだ!


2013.09.03 「誰でも参加できる (公開)」にしました。


ロックフェラー家(Rockefeller family)は、ドイツ南部のプロテスタントの一派バプテスト(洗礼派)として起源を持ったアメリカ合衆国の名門一族。

世界最大の石油トラストとして君臨したスタンダード・オイル創始者のジョン・D・ロックフェラーと弟でナショナル・シティー銀行ニューヨーク(現在のシティグループ)創業者の一人であるウィリアム・ロックフェラーによって発展した一族。世界的な財閥で、石油業や軍事産業、金融業など様々な企業を傘下に収める。その中の代表的企業には、ジョンの孫のデイヴィッド・ロックフェラーが頭取を務めたチェース・マンハッタン銀行(現在のJPモルガン・チェース)がある。モルガン財閥、メロン財閥と並ぶ米国三大財閥の一角。やはり世界的な財閥であるロスチャイルド家と比較されることが多い。

更には、ジェラルド・R・フォード大統領の下、副大統領に就任したネルソン・ロックフェラーやアーカンソー州知事を務めたウィンスロップ・ロックフェラー、現職のアメリカ上院議員のジェイ・ロックフェラーの3名の政治家も輩出した。

また、ジョン・D・ロックフェラー2世が自らの資金で建設したロックフェラー・センターや初代が慈善事業の一環で始めたロックフェラー財団やロックフェラー大学など、その名を冠した建造物や組織もある。

人物

ジョン・ロックフェラー - アメリカ合衆国の石油王。
ジョン・ロックフェラー2世 - アメリカ合衆国の慈善家。ジョン・ロックフェラーの息子。
ウィリアム・ロックフェラー - ナショナル・シティー銀行ニューヨーク(現在のシティグループ)創業者の一人
ネルソン・ロックフェラー - 第41代アメリカ合衆国副大統領。ジョン・ロックフェラー2世の息子。
ジョン・ロックフェラー4世 - アメリカ合衆国上院議員。ネルソン・ロックフェラーの甥。
デイヴィッド・ロックフェラー - アメリカ合衆国の銀行家、慈善家。ジョン・ロックフェラー2世の息子でネルソン・ロックフェラーの実弟。ロックフェラー家の現在の当主。
マイケル・ロックフェラー - ネルソン・ロックフェラーの息子で民族学者。1961年にニューギニア西部で行方不明になり、首狩り族に殺されたと一部では信じられている。

ロックフェラー家の名を冠する事物

ロックフェラー財団 - ジョン・ロックフェラーの遺志から結成された。
ロックフェラー・センター - ニューヨークの商業ビル複合体の名称。ジョン・ロックフェラー2世に因んで命名された。
ロックフェラー医学研究センター(後のロックフェラー大学)。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC%E5%AE%B6



ジョン・デイヴィソン・ロックフェラー・シニア(John Davison Rockefeller, Sr、1839年7月8日 - 1937年5月23日)は、アメリカ合衆国の実業家、慈善家。スタンダード・オイルを創業し、同社は石油市場を独占し、アメリカ初のトラストを結成した。

石油

1866年、弟ウィリアム・ロックフェラー(英語版)がクリーブランドに別の製油所を建て、ジョンとパートーナーシップを結んだ。1867年、ヘンリー・M・フラグラー(英語版)がパートナーに加わり、会社はロックフェラー・アンド・アンドリュース・アンド・フラグラー(英語版)となった。1868年にはクリーブランドの2つの製油所とニューヨークの販売子会社を持つようになり、当時世界最大の精油会社となった。この会社が後のスタンダード・オイルとなった。

市場の独占

スタンダード・オイルは徐々に水平統合(英語版)を達成し、それによってアメリカでの石油の精製と販売をほぼ支配下におさめた。灯油市場では、古い流通システムを自前の垂直システムに置き換えた。タンク車で各地に灯油を運び、タンクワゴンで小売りの顧客に提供した。それにより卸売りの既存のネットワークを迂回した[41]。灯油の品質が向上し価格が下がったにも関わらず(同社が解体されるまでに灯油の小売り価格は80%も低下した)、スタンダード・オイルの商慣行は激しい議論を巻き起こした。競争相手に対するスタンダード・オイルの最も強力な武器は、低価格と顧客によって異なる価格設定、交通機関による秘密の輸送費割引だった。ジャーナリストや政治家が同社の独占的手法を攻撃し、反トラスト運動が盛り上がった。1880年の New York World 紙は同社を「これまで我が国に根付いた、最も残酷で、厚かましく、無慈悲な独占」と評した[43]。批判に対してロックフェラーは「我々のような大規模なビジネスでは…我々の知らないところで行われることもある。我々はそれらを知ったらすぐさま是正する」と応じた。

当時「法人化した企業は、法人格の付与を行った州の外では資産が所有できない」という法的障害を抱えていた。そのため、ロックフェラーたちは各州に個別に経営される会社を所有しており、全体の管理がやりにくい状態だった。1882年、ロックフェラーの顧問弁護士だったサミュエル・ドッド(英語版)は、彼らの資産を集中化する革新的な企業形態を考案し、スタンダード・オイル・トラストを誕生させた。「トラスト」は企業群の企業であり、その巨大さと富は多くの注意を惹きつけた。会社群の株式を受託者に預託し、株式を共通化、その預託者による理事会を創設して巨大なグループにまとめたものである。このトラストではロックフェラーを含む9人の理事が41の企業を経営した。さらに、グループ経営を円滑にするために経営委員会を設置した。この経営委員会が理事会に代って、グループの実際の経営を行った。この委員会の下には、輸送やパイプラインなどを担当する専門委員会があった。一般大衆と報道機関はこの新しい法人形態を怪しんだが、他の企業はこのアイデアに飛びつき、それによってさらに世論が燃え上がった。スタンダード・オイルは無敵な雰囲気を漂わせるようになり、競争相手や批判者や政敵に対して常に優位に立つようになった。世界的にも最も巨大で裕福で恐れられる企業となり、好景気と不景気の波にも影響されずに一貫して利益を生み出すようになった。

アメリカ国内に2万の油井、4千マイルのパイプライン、5千台のタンク車、10万人以上の従業員を抱える巨大帝国となった。石油精製の世界シェアは絶頂期に90%に達したが、その後徐々に80%にまで低下していった。

死と遺産

1937年5月23日、98歳の誕生日の2カ月前に、フロリダ州オーモンド・ビーチ(英語版)の自宅 The Casements にて動脈硬化が元で亡くなった[85]。クリーブランドの Lake View Cemetery に埋葬された。しかしながら、そのとき巨額の財産のごく僅かしか持っていなかった。

ロックフェラーは自らの一族に莫大な生前贈与を行い、とりわけ息子のジョン・D・ロックフェラー・ジュニアには多くを与えた。結果、一族は20世紀のアメリカで最も豊かで最も影響力を持つ一家となった。ロックフェラーの孫デイヴィッド・ロックフェラーはチェース・マンハッタン銀行(現在はJPモルガン・チェースの一部)のCEOを20年間務めた。同じくロックフェラーの孫ネルソン・ロックフェラーは、ジェラルド・フォード大統領の下で副大統領に就任し、もう一人の孫ウィンスロップ・ロックフェラーはアーカンソー州知事に就任した。彼の曾孫ジョン・ロックフェラー4世は、現在民主党のアメリカ合衆国上院議員であり、かつてはウェストバージニア州知事を務めていた。

86歳のとき自分の生涯を次のような詩で表現した。

“ I was early taught to work as well as play,
My life has been one long, happy holiday;
Full of work and full of play-
I dropped the worry on the way-
And God was good to me everyday. ”

後世の評価

ロックフェラーは石油業界で長く活躍し、その後は慈善活動で長く活躍した。そのため彼のイメージはそれらの融合したものとなり、同時代の人々からは様々な見方をされた。例えば彼と競合した人々は破産に追い込まれた者もいるが、スタンダード・オイルの株式を対価として得た者もいれば、一部には同社の重役になって裕福になった者もいる。また政治家や作家には、ロックフェラーと良好な関係を築いた者もいるし、ロックフェラーに代表される「泥棒男爵」と戦うことを選んだ者もいる。

伝記作家アラン・ネヴィンス(英語版)はロックフェラーの敵への答えとして次のようにまとめた。
“ スタンダード・オイルが巨額の富を追求したのは貧困ゆえではない。それは一瞬で得られたものではなく、多くの資本家が避けるようなリスクの高い分野で四半世紀に亘って果敢に挑んだ成果であり、アメリカの産業界でこれほど聡明かつ卓見な計画は他に類を見ない。1894年時点の石油業界は、同時期の鉄鋼業界、金融業界、鉄道業界より規模が小さかった。しかし、スタンダード・オイルは他者の資産を活用して富を得たとする主張がよく見られる。ロックフェラーが一貫して他社の買収において公正に資産を評価したという証拠は豊富に存在する。ある歴史家はロックフェラーがカーネギーよりも人道的だったと主張している。彼の蓄財が当時としては最も汚れていないとする論も存在する。[87] ”

伝記作家ロン・チャーナウ(英語版)はロックフェラーについて次のように記している。
“ 彼の問題、そしてなぜ彼が相反する反応を引き起こし続けるかは、彼の良い面はとことん良く、悪い面はそれと同じくらい悪かったためである。史上これほど矛盾した人物は他にいない。[88] ”

ロックフェラーは単にその蓄えた資産の大きさでも記憶されている。1902年のアメリカのGDPは240億ドルだったが、同年のロックフェラーの資産は約2億ドルに達していた[89]。第一次世界大戦直前にはガソリンの年間販売額が9億ドルに達し、金融・運輸・鉱業などの産業にも投資し、アメリカの経済成長と共に彼の資産も増え続けた。ニューヨーク・タイムズ紙の死亡記事には「ロックフェラー氏が引退した時点でスタンダード・オイルや他の投資から蓄積した資産は15億ドルと推定されていた。これは個人が自身の努力で蓄積したものとしては史上最大の富であった」とある[90]。1937年に亡くなった時点で、当時のアメリカのGDPが920億ドルだったのに対し、ロックフェラーが家族への信託資金として残した遺産は14億ドルと見積もられた[91]。計算方法によっては、ロックフェラーは近現代史上最も裕福な人物とされる。アメリカのGDPへの割合で見た場合、ビル・ゲイツもサム・ウォルトンも遠く及ばない。

ヨーロッパで人気のあるディズニーキャラクターのジョン・D・ロッカーダックは、ロックフェラーの慈善事業に因んで命名された。ロッカーダックは、通りにいる人達に光る新しい硬貨を分け与える習慣を持っている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%BC


検索用 :

嫌い キライ きらい ロスチャイルド 資本主義 拝金
成金 アヘン戦争 石油 化学 製品 プラスチック 天然
温暖化 ガン 癌 がん 成人病 三第 脳梗塞 脳卒中
脳溢血 糖尿 ビニール ポリプロピレン 添加物 薬 麻酔
財団 偽善 集団 嘘 医学界のドン 裏で手をまわしている
抹殺 抹消 騙し だまし うそ げぜん フリーメイソン 戦
平手打ち ひらてうち 往復ビンタ商法 おうふくびんたしょうほう

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 4人
開設日
2011年11月28日

2206日間運営

カテゴリ
サークル、ゼミ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!