mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 未病を防ぐ微小循環

未病を防ぐ微小循環

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年12月1日 16:29更新

『整体師』『セラピスト』『療術家』の皆さん

 この度大陸では一般的なジャンルで『康復医療』(健康を回復する医療)という分野で森昌夫先生教授と共著という形で教科書の執筆をさせていただきました。
 この森先生の『未病』を論拠づけ、これに確実に対応していくメソッド
 マイキュレーターメソッドをご提案していきたいと思います。
 実際九州の宮崎で活動されている森先生のご家族はこの方法で年商30億という実績を作られています。

http://youtu.be/yCr9JrVxRv4



『未病を防ぐ』は一般用語になりましたが、さて未病とは?未病の論拠は?


 例えば、整骨院の院長先生の資格柔道整復師が現在政治的な見地からも縮小傾向にあります。(人数的なものも、保険計算的なものも)これはこの柔道整復師が本来扱う患者さんのカテゴリーが『骨折・脱臼・捻挫』などケガに相当するものでありながら、この治すべき『骨折・脱臼・捻挫』自体の論拠をその経験と感覚にゆだねてしまったことによります。現在医療機器の進歩は人間を凌駕しつつあり、ドクターでさえこの診断の為の機器を使いこなすことが出来ず、問題を大きくしてしまっていると聞きます。さて整骨院で扱うべき『骨折・脱臼・捻挫』の患者は今そのほとんどが整骨院には行きません。なぜならばこの『骨折・捻挫・脱臼』はレントゲンの発達により、この論拠の映像診断が出来る『整形外科』に行くようになったからです。


 しかし長年柔道整復師というチャンネルとお付き合いさせていただく中、非常に優秀な人材も、大勢いらっしゃられますことも確かですが、昨今私の叔父が『腰痛治療』を整骨院で1年も引っ張られ、病院で診断を受けたところ『肝癌の末期』という診断。『治りにくい腰痛』については内臓性腰痛は基本中基本でありましょう。
とても残念でなりませんでした。

 殊更に私も含めた『整体師』『セラピスト』『療術家』の皆さん私たちには患者さんの(身体を無防備に預けていただいている)お客様に対して何の論拠もありません

 果たして『経験医療』などという曖昧な言葉の中で経験と感覚のみで携わっています。私が今回共同執筆させていただいた森昌夫教授の『微小循環』は『未病』に論拠をつけるべくこの『未病』を画像からみることを可能にし、これをいかに対応すべきかを論拠付けるものと確信するに誘っていただきました。是非ご一緒に学んで頂ける事を望んでいます。

むかっ(怒り)森先生が来るむかっ(怒り)

セラピスト・整体師が経験や感覚のみに頼るのでなく、しっかりとした論拠で未病の状態を患者様やお客様と共有するための『未病診断学』『マイキュレーターメソッド』を公開

会場及び日程
12月 4日 日 ナショナル整体学院横浜校   13:00〜
12月10日 土 ナショナル整体学院藤沢校   13:00〜

【お申し込み・お問い合わせ先】
〓フリーダイヤル 0120-467-410(担当:教務部)
〓mailto:national.seitaigakuin@nifty.com


あるある大辞典でおなじみの森昌夫先生来る! 講師プロフィール
森 昌夫(もり まさお)先生
1948年1月1日生。栃木県出身。
復旦大学上海医学院顧問教授(旧上海医科大学生薬学客員教授)。
微小循環研究所所長、和漢生薬研究所学術顧問。
NPO法人微小循環予防医学の会理事長。上海市名誉市民。


【研究等】
薬用真菌類(霊芝など)の研究を手がけ現代病の克服の新しい理論を確立提唱している。
国際学会において、霊芝をテーマに長寿に関する研究発表を続けている。
「微小循環の流動性と酸素の供給」(末梢血管の血液の流動性)と疾病発生との関係理論にも特筆すべきものがある。
東洋医学の研究についての学会発表等も数多く、特に「生薬学と康復医学(健康を回復する医学)」を第三の医学として、必要性をいち早く主張した事への評価が高い。
【業績等】
1989年より、学術顧問先である株式会社和漢生薬研究所と旧上海医科大学(現復旦大学)との「生薬・霊芝の科学的共同研究」の日本側研究チーム責任者として、当研究の推進に当たる。
この研究成果をまとめた『霊芝研究1』は現在入手が困難となっているが、国立国会図書館をはじめ全国の図書館で閲覧することができる。
1993年、旧上海医科大学(現 復旦大学)との「霊芝」研究成果の発表に関して『白玉蘭賞』を受賞。
同時に、学会発表・TV等メディア出演・各種雑誌等への寄稿・全国での講演や講師として現在に至るまで幅広く活躍している。
近年は微小循環や生薬の研究だけでなく、日本全体での社会的経済的損失からの回復を願い『鬱(うつ)』などストレス社会における予防・改善のために、アンチストレスを合言葉に各種研究機関や大小企業団体にてストレス予防(ストレスフリートレーニング)についての講演等も多い。
特定非営利活動法人ふるさとテレビ顧問就任。
【著書等】
『甦れ、巨人選手たち霊芝で日本一だ』 東洋医学舎, 1984年,ISBN 4885800129 『医食同源のペプチド―やさしい病態栄養の知識』TEN BOOKS,1989年,ISBN 4876660123 『霊芝でみるみる血圧が下がった!! 』東洋医学舎,1985年,ISBN 4885800145 『霊芝研究1』上海医科大学出版社(1993年8月)『手軽にできる家庭薬膳』社団法人北海道農業改良普及協会(2006年12月) 『曇りのち晴れ』美健ガイド社(2008年8月)


「森 昌夫 先生」上海医科大学(現在は復担大学との合併で、上海医学院)の客員教授(生薬学)で国際学会において、霊芝をテーマに長寿に関する研究発表をし続けている。
上海名誉市民でもある。

薬用真菌類(霊芝など)の研究を手がけ、現代病の克服の新しい理論を確立、提唱している。
「微小循環の流動性と酸素の供給」(末梢血管の血液の流動性)と疾病発生との関係理論にも特筆すべきものがある。

東洋医学の研究について発表も数多く、特に「生薬学と康復(健康を回復する事)医学」を、第三の医学としての必要性をいち早く主張した事への評価が高い。
1989年より和漢生薬研究所と上海医科大学との「生薬・霊芝の科学的共同研究」の日本側研究チーム責任者として、当研究の推進に当たる傍ら、全国で勉強会や研究講師として忙しく全国を回っている。

中国・復旦大学上海医学院・顧問教授
微小循環研究所所長、和漢生薬研究所学術顧問。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 17人

もっと見る

開設日
2011年11月17日

2015日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!