mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Gregg Keplinger

Gregg Keplinger

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年10月14日 20:26更新

USA WashingtonのSeattleの工房にて、ハンドメイドで、スネア・シンバル・パーカッションをハンドメイドで製作している人物:Gregg Keplinger。
ノースウエストのミュージシャンの間では伝説的なドラマーとしても知られています。

自身がプロドラマーでもあり様々なスタイルのドラミングを習得し、様々なバンドでプレイしてきた(今尚現役でジャズ・ギタリスト“Rick Mandyck”と継続的にモダン・ジャズ・デュオを組んでいる)。Gregg Keplingerという人物は、80年代後半から音楽活動の合間にドラムを作り始めました。始めは親しい友人のミュージシャンのために製作をしていましたが、そのサウンドはすぐに話題になり、
90年代には、自身のスネアを作製するためにAyotte Drums(ハンドメイドの打楽器としては世界的に有名なカナダのブランド)と提携したこともありましたが、それにも納得できず、現在はグレッグ・ケプリンガー自身のハンドメイドの製作に戻り、ハンドメイド・スネアドラム、シンバル、他金属製のユニークなパーカッションを製作しています。

彼のドラムの愛用者には、あのマイルスやジョン・コルトレーンとも競演したJAZZドラマー故:エルビン・ジョーンズをはじめ、ローリング・ストーンズのチャーリー・ワッツ、サウンドガーデンやパールジャムのドラマー:マット・キャメロン、トロントのオルタナバンドOur Lady Peaceのドラマー:ジェレミー・タガートなどがいます。(マット・キャメロン、ジェレミー・タガートは本人自らドラムテックも担当)

その強力なインパクトを与えるオリジナルなサウンドは、今一番熱いドラム・ブランドとしてシアトルのプロ・ドラマー、スタジオミュージシャンの間ですでに話題になっています。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 2人
開設日
2011年10月14日

1991日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!