mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ハーベンスの絶対座標凍結定理

ハーベンスの絶対座標凍結定理

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年11月5日 23:46更新

ハーベンスの絶対座標凍結定理について語るコミュニティです。


概要

ハーベンスの絶対座標凍結定理とは、構造最適化や配座解析を行う際に
一定の内部座標系での拘束条件や原子座標の凍結を与える定理である。
原点を(0,0)と定め、 nが整数のとき、任意のハーベンス関数はある一点Tを必ず通る。
nが整数である場合の任意のハーベンス関数を関数Xとおくと、nが整数でない場合のハーベンス関数は関数Xとn軸において左右対称な関数X'となる。
このとき、点nはTとn軸において左右対称な点n'を必ず通ることとなるが、
その一点Tを中心としてオーロラが発生する。
オーロラが極域において発生するのは、その源であるプラズマ粒子が磁化しており、
磁気流体力学的に地球磁場に凍結しているため、磁力線の集まる極域に集中して流入するからである。
これはスウェーデンの物理学者アルヴェーンによる凍結定理として知られているが、
ハーベンスの絶対座標凍結定理はより具体的にオーロラの位置を観測するために有用な定理である。
また、この定理を応用することにより、宇宙空間の任意の三次元空間上の座標(n)より通常なら
不確定性原理により確定しない四次元空間方向への座標を確定させる事ができる
これによりブラックホール上の空間の歪みを確定させて理論上のタイムマシン理論が完成する
物理現象はその発生の時刻および空間的位置を指定することにより記述されるが、こらは一次元の時間座標と三次元の空間座標とをもつ四次元空間中の一点を指定する事と同様である
この四次元空間を時空世界と呼び、この空間の点を世界点と呼ぶ
古くは空間座標と時間座標は独立と考えられていた
しかし特殊相対性理論ではこれらは互いに独立ではなくローレンツ変換によって互いに移りうる。
これをさらに発展させある一時間軸を固定し(凍結)それを絶対座標に指定する事であらゆる時空世界を第三者視点から見る事を可能とする関数がハーベンス関数である

ハーベンス・ヴィッペル(1989〜)
[Harvence・vippel]

1989年10月10日
イギリスのとある郊外にて誕生
ユダヤ人
幼少時にインドに転勤
ハーバード大学卒

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 15人

もっと見る

開設日
2011年10月11日

1933日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!