mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > 渥美勝【国之子桃太郎】

渥美勝【国之子桃太郎】

渥美勝【国之子桃太郎】

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年12月24日 20:28更新

「人、この世に生を享く、須らく万有を統一し、一切不善、一切悪を征服するの信念無かるべからず、桃太郎は維れ日本民族生命の象徴にあらずして何ぞや」



渥美勝(明治10年2月13日〜昭和3年11月4日)
昭和維新の先覚者、野外啓蒙演説(辻説法)の先駆者、日本思想人士、宗教家として知られ、その日本民族生命の道を突き詰め、説き明かされし魅力的な熱弁に日本の志士だけで無く洋人をも魅了し、ファンを有した。



存命時「あれはほんとの人間だよ」と評し、大人の葬儀委員長を務められた巨人、頭山満はじめ、内田良平、大川周明、北一輝、千家尊建、田尻隼人、満川亀太郎などの名士、思想家、神職と各面、各界に於いて深き親密、交流があった。大正天皇の御代、大正13年に沢田五郎、千家尊建(鐵麿)、田尻隼人、西川光二郎、満川亀太郎を中心に神道、日本文化興隆の同人団体として聖日本学会を結成。設立奉告は明治神宮、設立集会は神道大教事務局にて執り行つた。翌年大正14年には全日本興国同志会を結成し、総代に就任される。(尚、渥美先生は御自ら最高指導者としての組織は結成されず、必然的に盟主となり精神的、思想的支柱として御尽力された)


満川亀太郎(老壮会、猶存社、アジア学者、拓殖大学教授)曰く、容姿はアシジの聖フランシス(フランシスコ会創始者、カトリック修道士)を思はせるも、熱弁はサボナローラー(ドミニコ会修道士、宗教改革の先駆者)に比すべきと回想している。



更に、赤尾敏、天野辰夫、大森曹玄(一声)、影山正治、玉井顕治など、多大なる影響力を発して止まない多くの名士、思想家、宗教家の精神を導き、かの建国会及び建国祭を指導、支援した事でも有名である。渥美勝による広瀬中佐像前、上野公園での幟を立てての辻説法は後の大日本愛国党運動形式への礎でもある。



生命とは何ぞや、されば自然体を以て一致する至上原理「融和」を示現するもの。大人こそ人類生命の導きを最も究め最も表現された聖人の如しでせう。


唱歌「桃太郎の歌」に覚醒され、御自ら桃太郎を任じ立たれ、ミコトしあらば頂き一つ、神輿を担いでみるや、信念に元、必ずや成功すべしと駆けられる。大逆事件に際し「神政維新」を唱へ、現御神の御聖征される豊葦原中つ國を中心とした日本に東西世界共存常道、発展ありしと覚られる。日本思想人士として生きる活力その物を心体共に生涯を全ふされる。単に生命が存在し、持続、存続するので無く、授かれた生命、即ち「ミコト」なる使命に深謝奉り、神国建設に為し得る手段とし、神業偉業の大業精神携へし御自ら「宮柱太敷き立て」の命に躍進、積み重ねに遂行、発揚す。
高貴揚々たるこの日本民族精神は脈々と受け継がれ、決して灯火が消へることは無いだらう。


渥美勝大人命の崇高なる精神を学び、偲び、御霊を仰ぎ奉り顕彰すると共に後世へ継承せんとする集ひで御座います。




渥美勝先生を尊崇、尊敬される方、興味をお持ちの方、感銘を受けた方なら是非とも御参加下さい。顕彰の意あれば御参加だけでも結構です。尚、トピック作成も自由なので禮節を以てされれば幸ひです。(敬称略。管理人記)

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 3人
開設日
2011年8月25日

1934日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!