mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 地域 > 丹原町

丹原町

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年4月12日 23:31更新

合併で西条市になった旧丹原町のコミュニティです。

道前平野の中央よりやや南西に位置する。西に平野がゆるやかに傾斜して山ろくに達する高縄半島、南に四国山地の一角を占めている。東部、北部はゆるやかな傾斜地である。海(瀬戸内海)に面してはいない(隣接の周桑郡小松町も同様である)。
田園地帯と山麓のゆるやかな傾斜地は農業地帯として知られている。
歴史 [編集]

町の始まり
1644年に時の藩主が代官に命じて、池田・今井・願連寺の原所と称する地を割いて新たに町を作り、商業地として免租し、他村より商家の移住を奨励して周布郡内における唯一の商業地として発展させた。これが町の始まりとされる。
町の沿革 [編集]
1889年(明治22年)12月15日 - 町村制施行に伴い久妙寺村(くみょうじ-)、 今井村(いまい-)、 丹原村(たんばら-)、 池田村(いけだ-)、 願蓮寺村(がんれんじ-)が合併して周敷郡福岡村が成立。
1897年(明治30年)4月1日 - 周敷郡と桑村郡が合併して周桑郡となる。
1913年(大正2年)12月13日 - 福岡村が町制施行・改称して丹原町となる。
1955年(昭和30年)4月25日 - 徳田村と合併して丹原町となる。
1956年(昭和31年)9月1日 - 田野村,中川村(滑川、明河字九騎および字海上を除く)と合併して丹原町となる。
中川村の残部(滑川、明河字九騎および字海上)は温泉郡川内村と合併して温泉郡川内町(現東温市)を新設。
1956年(昭和31年)9月30日 - 明河字塩獄が温泉郡川内町に編入。
2004年(平成16年)11月1日 - 西条市、東予市、小松町、丹原町の2市2町の合併により西条市となり、丹原町は自治体しては消滅した。
町長 [編集]
渡部高尚(わたなべたかなお)
現・西条市副市長
平成の市町村合併の経緯 [編集]
丹原町としては、近隣の東予市・周桑郡小松町に追従するスタンスであり、小松町長が西条市(当時)と合併する方針を早くから打ち出しており、特に丹原町内で異論もなく、西条市、東予市、小松町、丹原町の2市2町の枠組みができた。
産業 [編集]

農業
農地では米麦、野菜の栽培が盛んなほか、近年では花き(スプレーバラ)の栽培も盛んである。「たんばら」のバラとして売り出しを図っている。果樹としては、みかん・柿等がある。柿は町のシンボルともなっている。みかんに関しては、愛媛県南西部に比べると条件に適しているとはいえない。
鋳物製造
教育 [編集]

高等学校 [編集]
愛媛県立丹原高等学校
交通 [編集]

鉄道 [編集]
町内に鉄道はない。
道路 [編集]
高速道路
松山自動車道
町内に松山自動車道のインターチェンジはない。最寄はいよ小松インターチェンジ
今治小松自動車道
町内にインターチェンジはない。最寄りは東予丹原インターチェンジ(東予市と跨って設置されている。料金所は東予市にある)
国道
国道11号
県道
県道48号
出身有名人 [編集]

佐伯勇 - 近畿日本鉄道名誉会長、近鉄バファローズ元オーナー


パソコン西条市HP
http://www.city.saijo.ehime.jp/

芽丹原町観光ページ
http://shikoku-net.co.jp/ehime/kankou/syusougun/tanbarakankou.htm

家西条市丹原文化会館
http://www.tanbarabunka.com/

もみじ丹原町商工会
http://www.ehime-sci.jp/03tanbara/index.htm

クローバーヤマサ農園
http://www.yamasa-farm.com/

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2011年8月16日

2051日間運営

カテゴリ
地域
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!