mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 旅行 > ジェルブロワ

ジェルブロワ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年6月18日 01:02更新

フランスのバラの村



ジェルブロワのコミュですぴかぴか(新しい)

Youtube
フランスの美しい村100選 ジェルブロワ村
http://www.youtube.com/watch?v=-y2NhRMR1AU


世界ふしぎ発見(2011年8月13日放送)
http://www.youtube.com/watch?v=e4WpjksDTVU


世界ふしぎ発見で紹介されたジェルブロワにある素敵な宿
『Les jardins du Vidame(ル・ジャルダン・デュ・ヴィダ)』のHP
http://les-jardins-du-vidame.com/
15世紀に建てられた建物を利用した民宿だそうです。
※フランス語が難しい方はEngrishのページを。


ジェルブロワ(Gerberoy)

 パリの北約110km。フランス北部にあるノルマンディー地方と、ピカルディー地方の交差点に位置する村です。(その為かノルマンディー地方、ピカルディー地方と2つの地方の名で紹介されたりします。)ノルマンディ建築様式のコロンバージュ(Colombages)と呼ばれる木組みの家々とレンガ造りの家々が並んでいるそうです。両地方の伝統を伝えているそうです。一時間ほど散策すれば一巡り出来てしまうほどの小さな村です。人口は100人程度だそうです。教会1つ、レストラン2つ、


 その昔、フランスとイギリスの間で争われ100年戦争の舞台となった地でもあるそうです。そのためジェルブロワの城や建物も壊され、何世紀もの間、この村は廃村同然な、破壊されたままの荒れ果てた姿の時代があったそうです。
 
 村の復興のきっかけとなったのは、アンリ・ル・シダネル(Henri Lu Sidaner 1862-1939年)という画家がこの村に移り住んだことにったそうです。
 田舎の地にアトリエを作ろうとした彼は、彫刻家のオーギュスト・ロダン(Francois August Rodin 1840-1917年)に勧められ、ノルマンディに移り住み、ジェルブロワを発見したそうです。見捨てられた村だが中世の面影が残るジェルブロワを気に入った彼は、古い家を買い取り、修復し、バラで飾り、1901年に移り住みました。

 彼は、村の人々に、「村の建て物の修復を行い、村の家々でバラを育て、村中をバラで飾ろう」と呼びかけたそうです。彼の考えに共感した村人は、村中にバラを植え、建物を修復、バラに包まれた美しい村を復活させたそうです。ジェルブロワの城跡もイタリアン庭園にしたそうです。

 こうしてジェルブロワは、現在のバラの美しい村となったそうです。

 ジェルブロワを美しく蘇らせた彼は、その後、バラに包まれたジェルブロワの風景を、亡くなるまで描き続けたそうです。




電車行き方車(RV)
パリ北駅→BeauVais(ボーヴェ)駅<約1時間半>、そこからタクシーでGerberoy(ジェルブロワ)村へ。だそうです。
Beauvais駅前に、タクシー乗り場があるそうです。

レンタカーだと
 パリから車で2時間ほどだそうです。
パリからBeauVais(ボーヴェ)を経由し、国道31号線沿いだそうです。本当に小さな村なので、標識を見落とすと通り過ごしてしまうほどだそうです。
 村への入口と出口に来訪者用の小さな駐車場があるそうです。

ぴかぴか(新しい)バラ祭りぴかぴか(新しい)
 毎年6月の第3日曜日はバラ祭りの日だそうです。
※日曜日は、BeauVais(ボーヴェ)駅のタクシーが営業していないそうなので注意。

アンリ・ル・シダネルとは

 20世紀初めに活躍したフランスの画家。モネ、ピサロ、スーラなど、印象派や新印象派から学んだそうです。 彼は生涯に渡ってヨーロッパ各地を旅したそうですが、こよなく愛したのがジェルブロワだったそうです。ジェルブロワとバラが、彼の後半生にとって欠かせないモチーフとなったそうです。
 パリのマルモッタン・モネ美術館で1989年に大規模な個展があったそうです。そこから、ヨーロッパ各地で展覧会が開催されてきたそうです。フランスとオランダの美術館に多くの作品がが所蔵されているそうです。




「フランスの最も美しい村(Les Plus Beaux Villages de France)」とは

 フランスには「最も美しい村協会」という組織があり、村の規模、景観、文化や歴史などを複合的に判断し、一定の基準を超えたところを「最も美しい村」として認定するのだそうです。1982年フランス西南部リームザン地方のコロンジュ・ラ・ルージュ (Collonges -la-Rouge) の村長シャルル.セイラック(Charles Ceyrac)が、郷土の文化遺産と景観保護と観光的な振興等を目的にフランス国内の中世の面影をとどめる小さな村々に呼びかけたことに起源し、協会が設立され今日に至ってるそうです。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 23人

もっと見る

開設日
2011年7月23日

2285日間運営

カテゴリ
旅行
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!