mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ホーカン・ベアセン

ホーカン・ベアセン

ホーカン・ベアセン

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年12月12日 21:25更新

ホーカン・ベアセン(Hakon Borresen:1876-1954)はデンマークの作曲家。

少年時代からピアノを習い、後にヴァイオリン,チェロのレッスンを受け、作曲はスヴェンセン(1840−1911)の指導の下で鍛錬している。
その後、ドイツやフランスに滞在した折、アルトゥール・ニキシュ、ヴァンサン・ダンディらと知り合い影響を受けた。

作曲はコペンハーゲンとスカゲンとを行き来しながら行い、特に自身が愛した地ユトランド最北の地スカゲンの自然、特に海への憧れを音楽に描写していった。
歌劇では『国王の賓客』の成功により作曲家としての地位を不動のものとし、デンマーク作曲家協会会長、ストックホルム音楽アカデミーメンバー、ノルウェー作曲家協会メンバー、そしてデンマーク音楽評議会を創設し初代会長となっている。

近代ヨーロッパには、世に言うワグネリアンというワーグナー信奉者が数多く存在していたが、彼もその中の一人に数えることができる。
ベアセンに限らずデンマークの作曲家の多くはドイツ・ロマン派的な作風を濃厚に表現している。
後期ロマン派に同調し自分自身の書きたい様式を貫いたベアセンの晩年は、カール・ニールセンに主役の座を奪われたが、卓越した美しいメロディと、管弦楽法の技巧により後世に名を残す作曲家となった。

このベアセンの交響曲第1番は、「知られざる名曲」と記載されているサイトもあるようなので、「秘曲」といって過言ではない。
 

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 4人
開設日
2011年6月15日

1999日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!