mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 金重陶陽

金重陶陽

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年7月27日 12:58更新

◆このコミュニティ◆
「備前焼中興の祖」と呼ばれる金重陶陽のコミュニティです。
備前焼に興味のある方や陶陽を好きな方など、幅広い方の参加をお待ちしております。
いろんな情報をやりとりしていけたら幸いです。


◆「金重陶陽」とは?◆
昭和時代に活躍した陶芸家。本名は勇。
明治29年1月3日生まれ。
備前焼の名家・窯元六姓の分家に生まれ、父金重楳陽に学び、備前焼の再興につとめました。
はじめは細工物の名手として知られましたが、のちに桃山備前の研究に取り組み、陶土・窯の構造・窯詰め・焼成法の創意工夫に努めました。
茶器や技法などを再現しました。
昭和24年備前窯芸会を結成、30年には日本工芸会の創立に参加。
今日の備前焼隆盛の基礎を築いた人物です。
そして31年、備前焼で人間国宝とななりました。
昭和42年11月6日、71歳で死去しました。


陶歴
1896年 岡山県備前市伊部に金重楳陽(槇三郎)の長男として生まれる
1910年 伊部尋常高等小学校卒業後、父について備前焼の道に入る
    作風は細工物から茶陶へと向かう
1932年 ロクロ成形にも工夫をこらし、1941年にはほぼ完成
1942年 川喜田半泥子、荒川豊蔵、三輪休和と「からひね会」を結成
1949年 備前窯芸会を結成
1952年 備前焼の技術で国から無形文化財に選択される
1955年 日本工芸会の設立に参加
1956年 重要無形文化財保持者に指定される
1960年 山陽新聞文化賞、岡山県文化賞を受賞
1962年 日本伝統工芸展審査委員
1964年 二度に渡りハワイ大学の夏期講座に講師として招かれる
1967年 天皇、皇后両陛下備前町行幸啓の際には御前制作
    勲四等旭日小綬章授章。71歳で死去

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 5人

もっと見る

開設日
2011年6月12日

2295日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!