mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > ヨーゼフ・クリップス(Krips)

ヨーゼフ・クリップス(Krips)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年3月8日 21:23更新

 オーストリア生まれの名指揮者 ヨーゼフ・クリップスのコミュニティです。

ヨーゼフ・クリップス(Josef Krips、1902年4月8日・ウィーン - 1974年10月13日・ジュネーヴ)は、オーストリアの指揮者、ヴァイオリン奏者。

オイゼビウス・マンディチェフスキ、フェリックス・ワインガルトナーに師事し、1921年、ワインガルトナーの助手、合唱指揮者としてウィーン・フォルクスオーパーに入った。 その後、ドルトムント市立劇場、カールスルーエ歌劇場などを経て、1933年、ウィーン国立歌劇場の常任指揮者に就任、1935年、ウィーン国立音楽大学の教授に就任した。1938年のオーストリア併合の後、オーストリアを去ることを強いられ、ベオグラードに移り、ユーゴスラビアが第二次世界大戦に一時期巻き込まれるまで、地元のオーケストラで働いた。大戦終期には食品工場で働いていたが、「こっそりオペラの稽古をつけたり、プロンプター席に入って指示を出していた」という伝説もある。ナチス政権に協力しなかったため、1945年の終戦後はすぐにオーストリアの楽壇に復帰することができ、戦後ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とザルツブルク音楽祭を最初に指揮した。このころの活動を記念する録音としては、1950年に英デッカに残したモーツァルトのレクイエム(ウィーン宮廷楽団)および「後宮からの誘拐」全曲録音が有名である。レクイエムは女声の代わりに少年の独唱・コーラスを起用して成功を収めたユニークなもので、「後宮〜」はLPレコード初のオペラ全曲録音という、いずれも意欲的な企画ものであった。1950年から1954年、ロンドン交響楽団の首席指揮者を務め、その後バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団、サンフランシスコ交響楽団の音楽監督となった。1963年にコヴェント・ガーデン王立歌劇場、1966年にメトロポリタン歌劇場にそれぞれデビューをし、それ以来、しばしば指揮をした。1970年、ベルリン・ドイツ・オペラの指揮者に就任、同年から1973年までの間ウィーン交響楽団の首席指揮者を務めた。1960年、ロンドン交響楽団を指揮してエベレスト・レコードにベートーヴェンの交響曲全集を録音した。交響曲第9番は、ジェニファー・ビビアン(ソプラノ)、シャーリー・カーター(ヴァーレット、メゾ・ソプラノ)、ルドルフ・ペトラーク(テノール)、ドナルド・ベル(バリトン)、レスリー・ウッドゲート指揮BBC合唱団が参加した。この録音は音楽評論家、愛好家には有名であり、正式版、海賊版ともに何度も再発された。とりわけ初版のLP全集には、クリップス自身による詳しい楽曲解説が添付されていて、彼の楽曲理解を知る貴重な資料ともなっている。1968年初来日。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2011年5月24日

2344日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!