mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Darnell Howard

Darnell Howard

Darnell Howard

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年2月24日 15:27更新

Darnell Howard
ダーネル・ハワード

mixiにシカゴ出身のクラリネット奏者である、ダーネル・ハワードのコミュニティが無かったので、作成致しました。\(^o^)/

皆さまの御参加を、どうぞ宜しく御願い致します。m(__)m

ダーネル・ハワード(1895年7月25日、シカゴ−1966年9月2日(サンフランシスコ))、アメリカのジャズは、クラリネット奏者でした。
ハワードは7歳でバイオリンを演奏し始めました。そして、彼の青春期後半にクラリネットとサクソホンを受信しました。彼は1913年から1916年まで専門的にジョンH. Wickcliffeのショウガ色のオーケストラでプレーして、そして1917年にニューヨーク市へ引っ越しました、そこで、彼がW.C.をもつバイオリン奏者として演じられて、記録されました。便利な.そこから彼、シカゴ(彼は彼自身のバンドを導きました)へのヘッダは、チャーリー・エルガーと遊んで、そして、ジェームズP.ジョンソンのPlantation Days Band(1923年にロンドンを旅行しました)に加わりました。その翌年、彼はSinging Syncopatorsのメンバーとして再びヨーロッパを旅行して、そのうえ10年後半にこのアンサンブルとともに上海で遊びました。シカゴである間、彼はキャロル・ディカーソン、オリバー王とE・テートと遊びました。彼は1928年にカルテットを導いて、そのうえ、その年、ジミー・ウェードのデキシーランドジャズプレーヤーと遊びました。1929-30において、彼はデイブ・ペイトンと遊んで、そしてアール・ハインズによって雇われる前にジェローム・キャリントンと短く働きました。そして、その人と、彼は1931年から1937年まで遊びました。
1930年代後期に、ハワードはフリーで働いて、そして1940年代の初めにフレッチャー・ヘンダーソンとC・ホーキンズと遊びました。彼は、1943年から1945年までシカゴでもう一つのバンドをまとめました;彼は1945の一部のためにカリフォルニアでKidオリーと遊んで、それからシカゴに戻って、その中に、Docエヴァンズと遊びました。1948年に、彼はもう一度Muggsyスパニアとカリフォルニアにいました。そして、1953年まで彼と遊びました。彼が1950年にボブ・スコービーと働く間、リーダーとしてのハワードの唯一の記録はされました。そして、わずか4チームに達しました。彼も1950年代の初期にジミー・アーチーと遊んで、そして1955年から1962年までサンフランシスコでデキシーランドジャズを演奏するために、アール・ハインズと再会しました。彼は、同様に1956-57のアルバムの上にドン・ユールといました。
1962年以後、ハワードは長い病気にかかりました、そして、回復した後に、彼はエルマー・スノーデン、B・ベールスと彼自身のグループでプレーしました。彼は1966年のニューオリンズAll-スターズのメンバーとしてヨーロッパを旅行して、それから再び病気にかかって、その年、後で死にました。

クラリネット、サックス奏者として知られるダーネル・ハワード(1895.7.25〜1966.9.22)は、ヴァイオリンも得意としていました。アール・ハインズ楽団のCavernism(このデッカ盤は2度目の録音)では、ウォルター・フラー、トラミー・ヤング、ハインズのソロとともに、ハワードの達者なヴァイオリン・ソロが聴けます。

ハワードは、シカゴ生まれで、高校在学中の1912年からプロとして活動を開始、17年にはW・C・ハンディ楽団で初録音を行っています。20年代は、シカゴを中心に活動、チャールズ・エルガー(1921,28)、キング・オリヴァー(1925,26)、アースキン・テイト(1926-27)等の楽団に参加する一方で、自己のバンドも率いました。30年代以降はアール・ハインズ(1931-37)、フレッチャー・ヘンダーソン(1938-39)、コールマン・ホーキンス(1941)といったビッグバンドで活躍、40年代後半以降は主に西海岸で活動しました。

SPレーベルではハインズ作となっていますが、Cavernismは、後にベニー・グッドマンに多数の名編曲を提供したことでも知られるジミー・マンディが、エルマー・キャロウェイ楽団在団中(20年代後半)に作った曲です。曲名は、同楽団が出演していたワシントンのナイトクラブ、クリスタル・カヴァーンにちなんでいます。その後マンディがトミー・マイルズ楽団で演奏していた1932年、アール・ハインズがたまたまクリスタル・カヴァーンを訪れます。ハインズはその時耳にしたCavernismに大いに興奮、マンディのハインズ楽団入りが決まります。

そのマンディは、ダーネル・ハワードについて、次のように語っています。

「ダーネルは全く最高のヴァイオリン奏者だった。音楽の才能に非常に恵まれていて、いつも何か新しいアイデアを思いついていた。ただひとつ、音がフラット気味になることがたまにあり、そのことでダーネルをよく酷くからかったものさ。サックスについては、リードアルトのオマー・シメオンにはかなわなかったね」(『The World Of Earl Hines』(Stanley Dance, Scribners,1977))

引用
Scott Yanow, Darnell Howard at Allmusic
スコットYanow、AllmusicのD・ハワード

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 6人

もっと見る

開設日
2011年5月23日

2021日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!