mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Albert Burbank

Albert Burbank

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年2月5日 19:32更新

アルバート・バーバンク

mixiにデキシーのクラリネット奏者である、アルバート・バーバンクのコミュニティが無かったので、作成致しました。\(^o^)/

皆さまの御参加をどうぞ宜しく御願い致します。m(__)m

アルバート・バーバンク(行進25、1902―August 15、1976)は、アメリカのデキシーランド・クラリネット奏者でした。
生まれながらの流行のニューオリンズ・アルバート・バーバンクはローレンツォTioによってクラリネットを教えられました。そして、その都市の1つが大部分の有名なクラリネット奏者でした。どこでサービスが必要でも、彼は遊んでいる1920年代を通してニューオリンズ地域にとどまりました。30年代の間に、彼はKidミルトンのバンドとともに働いたが、第二次世界大戦の間に米国ネイビーに徴兵されました。復員と同時に、彼はポール・バーバリンとKidオリーの一団とともに国際的に働いたが、都市で有名なジャズとブラスバンドのいくつかでプレーしたニューオリンズに戻りました。彼はPreservation Hallで定期的に見られて、Preservationホール音楽家でバンドを作って、オーストラリアを旅行しました。1975年に、彼は脳卒中にかかったが、1976年8月15日に死まで遊び続けました。

クレオール・クラリネット奏者のAlbert Burbank(アルバート・バーバンク)は当時の白人プレーヤー達とは一味違った伝統的なニューオリンズ・ジャズのブルースを受け継いでいます。 クレオール・ジャズ・バンドのトロンボーン奏者であるKid Ory(キッド・オリー)などとも演奏し、両者とも1940年代のNew Orleans Jazz(ニューオリンズ・ジャズ)のリバイバルに乗って復活しました。 George Lewisの一番有名な1950年代のオリジナルであった「バーガンディ・ストリート・ブルース」はジョージ・ルイスの存命中は誰も演奏することのなかったそうです。 彼の死後に友人ルイスへのトリビュートとしてアルバート・バーバンクが演奏しましたが、ルイスの演奏に近づけようとした他の誰とも違ってアルバート独自の演奏です。
ちなみに曲のタイトルのBurgundy Street(バーガンディ・ストリート)は"buh-GUN-dee"と発音され、Louisiana(ルイジアナ州)のNew Orleans(ニューオリンズ)にある通りの名前のようです。 Burgundyはフランス東部の赤ワインの名産地の州名のBourgogne(ブルゴーニュ)から名付けられたそうです。

彼が遊んだブラスバンド音楽家として: カメリア、ユレーカ、 G・ウイリアムス,若いタキシード・ブラスバンド。
ニューものの愛好者と一緒の伝説的なクラリネット奏者 オルレアン・ジャズさもなければいくぶん見落されて、アルバート・バーバンク(彼の下部のレジスターの美しい雰囲気があった)には、主要な名前が決してなかった、しかし、彼が通常、着実に働いた。17で、1920年代にドラマー・アーノルドDePassのもので行ったとき、彼は深刻にクラリネットを演奏し始めました バンド、 バディ プティー, クリス ケリー、そして、 その中にミラーを叩いてください。バーバンクには1930年代にダンスホールで遊んで、戦争時代までに彼自身のカルテットがありました。中で彼の協会の間で、1940年代と50年代は、W・ニコラスでした、 アルバートJiles, ディーディー・ピアス, ハーブ・モラン (1949-50)、 ポール・バーバリン, 子供クレイトン, ビル・マシューズ, オクターブ・クロスビー, アーニーCagnoletti そして、(ロサンゼルスへのニューオリンズの外側の珍しい旅行の間)しばらく流行の1954 子供オリー.バーバンクはパドック・ラウンジ(1954-66)、デキシーランド・ホールと維持ホール(1969-73)の規則的な特徴でした、そして、彼はK・トマス・バレンタインとしばしば働きました そして、 パパ・フランス語.アルバート・バーバンクはリーダー(1969年のSmokyメアリーにとって)として1曲のアルバムを録音するだけだったが、W・ニコラスとを含むサイドマンとして、いろいろな記録に現れました 1945という早い時期に。
ニューオリンズ・アルバートで持って行かれます バーバンクは、クラリネットを教えられました ローレンツォTio(Jr 1916 16)、もの その都市は、大部分の有名なクラリネット奏者です。どこでサービスが必要でも、彼は遊んでいる1920年代を通してニューオリンズ地域にとどまりました。 30年代の間に、彼はKidミルトンのバンドとともに働きました しかし、第二次世界大戦の間に米国ネイビーに立案されました。復員と同時に、彼はポール・バーバリンの一団とともに、国際的に働きました、そして、 オリーをからかう、しかし、 彼が都市で有名なジャズとブラスバンドのいくつかでプレーしたニューオリンズに返されます。彼は、維持ホールで定期的に見られました そして、旅行されます オーストラリア バンドは、Preservationホール音楽家からメイクアップしました。1975年に、彼は脳卒中にかかったが、1976年8月15日に死まで遊び続けました。 放送公演は、サンフランシスコのものでKidオリーのバンドとともになされます 二日酔いクラブは、デンマークのStoryvilleラベルで、そして、少しトロンボーン奏者と出されました、 ビル・マシューズ サウスランドの上に現れてください。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 4人
開設日
2011年5月19日

2141日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!