mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 震災関連 > ボランティアと祈りの両立

ボランティアと祈りの両立

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年6月21日 14:14更新

今被災地に足りないもの、それは人手です。
どれだけお金や支援物資が集まろうと、まずは街から
ガレキやヘドロが撤去されなければ復興は進まない。
だから一人でも多く人材を送る必要があります。

また宮城県石巻市のガレキの山を見て感じた事、
それは焼いてよいものばかりではないという事です。
あの中には選別されきれない位牌や仏壇、神棚、
それに弔われない方の遺品が埋もれています。
阪神大震災の教訓から、残された方のために
ガレキの山に対して供養を行いたいです。

●基本理念

1・参加者は僧侶であっても祈るだけではなく
災害ボランティアとして現地で復興支援を行う。

2・宗旨を問わず、僧侶と在家を隔てず、
地元ボランティアさんと協力し震災犠牲者のために祈る。

3・参加者は地元に帰った後に檀信徒や知人に
ボランティア活動を勧め、継続的に支援する。


●注意事項

布教や勧誘が目的ではなくボランティア活動を
自ら行い、広げていく事が第一の目的です。
また宗旨を超えた運動にしていきたいので
自分の宗派の独自色を出す事は控えましょう。

活動していく上で様々なご支援をいただく事は
当然必要になります。しかしボランティアですから
対価として金品を要求する事は固く禁止します。

現地で段取りして下さるコーディネーターさんとは
秋葉系権現が連絡を取り合っており、その中で
活動内容やスケジュールを決定していきます。
自分の都合や希望はあらかじめ秋葉系権現に伝え
勝手な行動は取らないようにお願いします。

●今後の予定

まずは行方不明者が死亡者と認定される
3カ月の区切に供養を行いたいと思います。
多くの方が落ち込まれる日だと思うからです。
また復興祈願の祈祷など、被災地のために
出来ることを模索していこうと考えています。

ご賛同いただけましたらどうぞ皆様ご参加下さい。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 21人

もっと見る

開設日
2011年5月16日

2140日間運営

カテゴリ
震災関連
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!