mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > Gregoire Poitevin

Gregoire Poitevin

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年8月12日 12:49更新

Gregoire Poitevin ― 自由画家
作品はこちら: www.gregoo.com

1981年 フランス・ノルマンディー地方カン(Caen) に生まれる。
現在、東京在住。某大手仏企業に勤める傍ら、制作を続けている。

中高時代、地元の美術学校 (Ecole des Beaux-Arts de Caen) に通う。絵画を初めとし
て、プラスチック・アートや写真、版画など、美術全般を学ぶ。

高校卒業後、美術大学に行くか映画監督の勉強をするかで迷うが、成績優良ゆえに結
局、パリ政治学院 (Science-Po) に入学が決まる。多忙な学生生活を送るも、暇さえあ
れば 夜中であろうが、アパルトマンの一室で描く。画材は予算的理由でキャンバスを
控え、道で拾った板やカートンボードを利用。

在学中は交換留学により来日。東京大学(2000年)、慶応義塾大学(2002年) で日本語と日本文化を学ぶ。この頃も狭い寮の部屋に安価な紙と絵具を広げ、夜中の制作を続
行。

2004年 政治学院を卒業し 再来日。仏自動車会社の東京支社に就職する。ITメディア
・映画に関する活動を通して、フランスの文化・ライフスタイルについて提案し始め
る。実際に日本のビジネス環境に身を置くことで、日仏の価値観の違いをより強く意
識し、自国文化を改めて捉えなおす契機となる。以来 画材として広告パネルや写真を
再利用して描くようになる。

2006年には北京語の勉強を再開する為 中国に渡り、北京外国語大学に入学。東京で
の勤務経験を生かし、現地では東アジア市場向けの先端電信技術に特化した企業に就
職。だが滞在期間が長くなるにつれ、日本の存在が再度、自分の中でクローズアップ
される。そして2008年… 満を持して「日本帰国」を決断。意識の底辺に、この国との
何かを認識しながら、現在に至る。

現在、紅(kurenai)と苔色を中心に、パステルやアクリル、またはコラージュを使った作品のシリーズを描き続けて、サラリーマンアーティストとして活動している。

アートのコンセプトは、「アートは企画するものでなく、アートは起こる事故である」(art as an accident)、「作品を定義できない、したくない」、また、「絵とフレーム(額- le cadre)、物理的なフレーム(physical frame)と概念的なフレーム(conceptual frame) 」に対するリサーチしている。

そのなか、シリーズ作品が多く、たとえば書道の影響をうけて、限定された短い期間の中で、同じ作品を何度も描き続ける、または同じ色合いとテーマで同じ作品を何度も書き直す3枚の作品を描いたりしている。

そして、「不合理 」(absurd)というテーマで、「NG」というキャラクターをユーモア的な作品のシリーズを描き、詩も子供のころから書いている。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2011年5月11日

2389日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!