mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > GANTZ 〜西丈一郎〜

GANTZ 〜西丈一郎〜

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年6月26日 15:55更新

GANTZの西くんを愛する人のコミュニティです!




以下「Wikipedia」より引用。







西丈一郎(にし じょういちろう)

声 - 矢部雅史/演 - 本郷奏多/VOMIC - 石田彰

あだ名:「西くん」

ガンツの秘密を知っている中学二年生。死因は転落死。万引きで補導され、警察署へと連行される途中に逃亡を図り、マンションの屋上から誤って転落して死亡し、転送された。アニメ版での死因は飛び降り自殺(監督の板野一郎は「甘やかされて育ち、行き詰った末によるもの」としている)。小説版での死因も飛び降り自殺であるが、動機は母親の自殺を苦にしての後追い自殺となっている。初登場時は幼さの残る容姿だったが、再登場時には大人びて端整な少年として描かれるようになった。目つきが悪い。性格は屈折しており、一貫して冷徹。世の中を斜め目線で見ている。馴れ合いを良しとしない為、共同戦線を張る仲間達からの印象は悪い。基本的に他人に対しては無関心であり、「死のうが生きようが関係ない」といった趣の発言をしているが、玄野との初対面の際は「同じ目をしている」と友好的な態度を取ったり、一貫して冷徹な和泉とは協力的な関係にあった。善意や正義を良しとせず、そういった人物を「偽善者」呼ばわりして毛嫌いしている。ミッションにおいては武器やコントローラーを使いこなし、星人の撃破や仲間の援護よりも、まず自分が生き残る事を優先していた。星人が人間を虐殺する場面を目撃することで「死を見る快感」を覚え、日常生活においても猫などをXガンで殺すなどの残虐性を見せる。また、ガンツの部屋でメンバーにXガンを向けられた際には、躊躇なく殺害した事もある。玄野たちがガンツの部屋に来る1年前からミッションに参加している古参メンバーであり、ガンツに関する知識は豊富。ミッションでの経験や戦闘を記録した「黒い球の部屋」というウェブサイトを運営しており、作中におけるガンツフリークの溜り場となっている他、和泉や菊地といった人物に多大な影響を及ぼしている。また、ネットを通じて世界各国と常に情報交換を行っている。迫り来るカタストロフィを知り得ており、ぬらりひょん編終了後にはその情報をメンバーに教え、あと1週間で異変が起きると告げる(西自身は核戦争が有力な説であると説いた)。

田中星人編で一旦死亡するも、その半年後、オニ星人編で風により再生された。過去に和泉とミッションを共にしていたが、和泉は覚えていなかった。

その私生活は謎に包まれていたが、大阪編終了後に学校でいじめを受けていた事が明らかとなる。クラスメイトから集団的な暴言・暴力を受けており、登校時に「頭上の教室の窓から自分の机と椅子を投げ落とされる」、また教室では「集団で担ぎ上げて転落事故に見せかけて投げ落す」など、明らかに殺人に相当する行為にまで発展していた。西自身は超然とした態度で臨んでいたが、ついに殺意を暴走させて、鞄の中に隠したXガンで大量虐殺を引き起すに至る(ただし事件の直前にラブレターを渡してきた女生徒だけには手を出さなかった)。制圧のために教室に突入した特殊部隊との銃撃戦を切り抜け、警察に追われる身となる。

ラストミッションを戦い抜き、無事生還。102点を獲得し、ガンツ空間から解放された。その際、メンバーからミッションで死亡した鈴木の再生を懇願されるも、強力な武器の入手を選択。カタストロフィを前に興奮する姿を見せている。

アニメ版では「父親は内閣情報室のトップ」と発言しており、ねぎ星人編からメンバーとなった政治家の鈴木曰く、実際に西という剃刀の様に切れる官僚がいる様である。

作者の奥曰く、ガンツの情報をあらかじめ知っている人物・中学生離れした中学生を基にデザインされたキャラクターである。










西くんを語りましょう!

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 86人

もっと見る

開設日
2011年5月6日

2246日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!