mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > リアル筋力

リアル筋力

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年7月3日 00:28更新

【リアル筋力とは…】

株式会社鍛錬社長大岡明尋氏が研究する人間が実際の動作で使用する実用的筋力の事であり、真実に基づいた筋トレによって身に付ける事の出来る筋力である。そしてそれは『自分の身体をより軽く動かせる様になる筋力と、物をより軽く扱える様になる筋力』である。

【大岡明尋氏の言葉】

筋力とは身体を支えるものです。それは命の行動を支えていると言うことでもあります。その筋力を人間がより永く楽しく生きる為により役立てられるのが筋トレです。
だから人間の行動に繋がっていない筋トレを安易な考えで人に指導したり、いい加減な筋トレ情報を鵜呑みにして筋トレで自らを痛めつける事は、命に対する冒涜であると思います。 自分の考えがどのレベルであれ、筋トレは自分の求める筋力動作に繋がっているべきで、その根拠を持って行うべきでもあると思います。
私は筋トレとは自分の命の躍動をより輝かせる為にあると思っています。
また健康や身体能力とは何ら関係なく筋肉の形だけを追求するものを筋トレと呼んでも良いのでしょうか?そんなものを世に広げて良いのでしょうか?私には疑問です。
本来筋肉美とは健康美であり、機能美であるべきだと思います。少なくとも人間の身体における美意識はそうでなければ自分の命の輝きを曇らせてしまうのではないでしょうか。
私の言うリアル筋力とは命と繋がっている筋力の事です。

【筋力を発揮する過程は、バランス→緊張→反発→弛緩】

人体が大きな筋力を発揮することにおける認識をより真実に近づけることから始まります。現在医学においても筋肉が大きな筋力を発揮させることについては疑問としか言いようの無い認識です。そこでリアル筋力ではより真実に基づいた認識を示しています。
従来筋肉が大きな筋力を発揮させるときには筋肉の短縮と収縮を主体とされていましたが、リアル筋力ではその様なことは現実では無いと考えています。現実に間接可動のない一定の角度でも筋肉に力を入れることで筋肉断面は縮むどころか膨張肥大します。細胞レベルで考える以前に固有の筋肉は明らかに大きくなり、決して縮んでいるとは言えません。現実の力を入れたときに起こる変化は、筋肉の硬直と血圧血流の上昇による筋肉の体積の拡大は紛れも無い真実です。このことは決して筋肉が縮んでいないことを証明しています。また大きな筋力を発揮させたときに、必ず緊張から弛緩(ゆるむ事)へとししか起こりません。ジャンプしたりボールを投げたあとは必ず筋肉は弛緩(ゆるむ事)します。それはまるで弓で矢を射ることやボールを床にぶつけて起こる反発力と同じエネルギーです。これは大きな筋力の発揮は筋肉が縮む事で起こっていないことを表しています。筋肉の短縮は筋力発揮させ易い位置までの骨格の移動や低負荷時のみに使用されるだけなのです。リアル筋力では筋力を発揮するための過程は、バランス→緊張→反発→弛緩(ゆるむ事)であると確証付けています。

【大岡明尋氏の功績】

大岡社長考案による器具や筋トレ方法は今までの筋トレとは明らかに一線を欠く特徴を持っている。それは今までの筋トレでは筋肉が着くまで効果が出ないことに対して、大岡社長の筋トレ方法や器具を使用し行った瞬間から筋力を向上させられることにある。それは社長が今まで筋トレを研究してきた結果、人間の筋力の発揮形態を知り得たからである。この事を利用した器具や、方法は今後筋トレによる社会に対する貢献度は計り知れない。投げる、飛ぶ、走る、ことがその瞬間に向上したとしたらどうだろう。立ち屈みが困難な高齢者が瞬間に楽に行えるようになったら、介護ヘルパーの方が腰や足の負担無く100kgの体重の方を簡単に支えて移動できるように瞬間になったら、等と言う事が現実に起せるのである。大岡社長の筋トレ器具や方法によって筋力が改善される具体例がまだまだある。しかもこれは本当に現実なのだ。少なくとも一般の方であれば必ず行った瞬間に変わることが出来る。

【大岡明尋氏の研究について】

大岡社長が長年筋トレを研究してたどり着いた答えは、人間は筋力を発揮する方法に気付いていない。従って『筋肉を着ける前に筋力を発揮出来る方法を身につける事が重要である。』と言うこと。筋力を発揮させる方法が解らないで筋肉を着けても、実際の筋力を発揮させることは出来ない。だから器具や方法によって筋力を発揮出来る状態に身体をしてやることで瞬間に筋力が向上するのです。また、その状態でなければ筋トレを行う上では怪我をしてしまうことも解っている。筋力が発揮出来る状態とは体により無理の無いことで初めて成り立つからだ。
大岡社長は今まで無理なことをする事で筋力が着くと勘違いし、間違っていた筋トレを、無理の無い動作を身につけることで筋トレにより人間が絶大なる効果の恩恵を受けられる事を解明したのである。

【関連サイト】

・株式会社鍛錬
http://reaction-resistance.com/TANREN-HP/index.html

・リアル筋力
http://www.real-kinnryoku.com/

・実践筋トレ相談室
http://reaction-resistance.com/TANREN-HP/soudanshitu.html

・新・鍛錬ブログ
http://kabusikigaisyatanren.blog92.fc2.com/

・旧・鍛錬ブログ
http://www.real-kinnryoku.com/08726.html

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
当コンテンツ内の文章・画像の無断でコピー、転用・掲載はすべて禁じています。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 1971人

もっと見る

開設日
2011年5月5日

2271日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!