mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > 比嘉 康雄

比嘉 康雄

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年5月4日 07:19更新

沖縄を代表する写真家、比嘉康雄(1938〜2000)のコミュニティ

沖縄本島だけでなく、宮古・八重山、久高島などの島々も含めた琉球弧の世界を捉え、
古くからの祭祀を詳細に記録するなど、民俗学の分野でも大きな功績を残した。





比嘉 康雄(ひが・やすお)

1938年 移民の子としてフィリピンに生まれる。
1946年 沖縄に引揚げる。
1958年 コザ高校卒業後警察官となり写真を始める。
1968年 嘉手納警察署で勤務中、B52爆撃機が墜落炎上。これを転機に職を辞し、本格的に写真を志す。
1971年 東京写真専門学院卒業。写真展「生まれ島沖縄」(銀座ニコンサロン) 開催。
カメラ毎日に「生まれ島沖縄」を発表。
1973年 谷川健一氏と出会い宮古島「祖神祭」を見て衝撃を受け、ライフワークとして
琉球弧の祭祀世界の記録を始める。
1975年 西銘シズ氏と出会い、以来久高島の年中祭祀を丹念に記録。
1976年 「おんな・神・まつり」で第13回太陽賞受賞。
1977年 那覇市西のラ・ボーラで、比嘉康雄×東松照明×平良孝七を囲む写真論議。
1979年 写真集「神々の島 沖縄久高島のまつり」刊行。
1981年 沖縄タイムス芸術選賞奨励賞受賞。
1989年 「神々の古層」刊行開始、1993年全12巻完成。同年日本写真協会年度賞受賞。
1991年 明治学院大学 非常勤講師となる。
2000年 5月13日逝去。享年61歳。
「日本人の魂の原郷 沖縄久高島」刊行、遺作となる。

比嘉康雄回顧展「光と風と神々の世界」
(那覇市民ギャラリー)のカタログより

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 10人

もっと見る

開設日
2011年5月4日

2413日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!