mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Jimmy Hamilton

Jimmy Hamilton

Jimmy Hamilton

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年4月30日 01:15更新

ジミー・ハミルトン

mixiにデューク・エリントン楽団のクラリネット奏者で有名なジミー・ハミルトンのコミュニティが無かったので、作成致しました。\(^o^)/

皆さんの御参加を宜しく御願い致します。m(__)m

ジミー・ハミルトン(Jimmy Hamilton, 1917年5月25日 – 1994年9月20日)は、デューク・エリントン楽団における四半世紀の活動で名高いアメリカ合衆国のジャズ・ミュージシャン。スウィングからビバップの時代に活躍したクラリネット奏者およびテナー・サクソフォン奏者として知られるが、作曲家・編曲家としても活動した。

略歴
サウスカロライナ州のディロンに生まれ、フィラデルフィアに育つ。元々はピアノの演奏を学び、1930年代から地元の楽隊で金管楽器の演奏を始めるが、後にクラリネットとサクソフォンの演奏に転じた。1939年にラッキー・ミリンダーやジミー・マンディ、ビル・ドジェットと共演し、引き続いて1940年には、テディ・ウィルソン・セクステットに入団した。2年間をウィルソンの許で過ごした後、エディ・ヘイウッドやヤンク・ポーターと共演した。1943年にバーニー・ビガードの後任としてデューク・エリントン楽団に入団し、1968年まで同楽団員として過ごした。

ハミルトンの演奏様式は、2つの楽器で異なっている。すなわち、サクソフォンではリズム・アンド・ブルース寄りであり、一方クラリネットでは、精密で端正だが、それでいて流麗な様式を採っている。エリントン楽団に在籍中に数曲を作曲した。

エリントン楽団を退団後は、フリーランスの演奏家や編曲家として過ごす。1970年代と1980年代にはヴァージン諸島で後進の指導に当たったが、時折りアメリカ合衆国本土に戻り、ジョン・カーター主宰の音楽祭「クラリネット・サミット」でカーターその人と共演した。教職を退いてからも、1989年から1990年まで自身のグループを率いて演奏活動を続けた。

1994年にヴァージン諸島のセント・クロイ島にて永眠。77歳であった。

参考文献
Ian Carr, Digby Fairweather, & Brian Priestley. Jazz: The Rough Guide. ISBN 1-85828-528-3
Richard Cook & Brian Morton. The Penguin Guide to Jazz on CD 6th edition. ISBN 0-14-051521-6

外部リンク
Jimmy Hamilton — brief biography by Scott Yanow, for AllMusic.
Oscar Pettiford - Time On My Hands (クラリネット・ソロをハミルトンが担当している)

哀愁のクラリネット、ジミー・ハミルトン。エリントンバンドで永くクラリネットを担当した人。ビッグバンドのクラリネットというとベニー・グッドマンやウディ・ハーマンなどハデな立回りが思い浮かぶけれど、そういうことから最も遠く、でしゃばらないスタイルに惹きつけられる。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 8人

もっと見る

開設日
2011年5月2日

2050日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!