mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > 杉田二郎

杉田二郎

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年2月27日 13:47更新

1970年代に大人気で、今もステージやテレビ、ラジオでご活躍の、フォークソングブームの第一人者、杉田二郎さんのコミュニティーです。

[経歴]
京都府京都市出身。立命館高等学校を経て、1969年立命館大学文学部日本文学科卒業。
現在、金光教島原教会副教会長。金光教関係での音楽活動も過去に何度も行っている。
1967年、アマチュアバンド「ジローズ(第1次)」(メンバーは杉田二郎(リーダー)、塩見大治郎、細原徹次郎)を結成。
1968年、MBSラジオ「ヤングタウン」の今月の歌に取り上げられたオリジナル曲『あなただけに』が好評を博し、ラジオ放送用のテープが東芝EMIからシングルレコードとして8月1日、発売される。同年8月9日-11日、京都・山崎「宝寺」で開催された第3回関西フォークキャンプに参加。『あなただけに』を後にはしだのりひことシューベルツでともに活動する越智友嗣(おちゆうじ)といっしょに披露した。

その2ヵ月後に第1次ジローズは解散。その後、はしだのりひこ(端田宣彦)、越智、井上博と共に「はしだのりひことシューベルツ」を結成、リードギターとボーカルを担当。1970年には森下次郎とともに「ジローズ(第2次)」を結成し、『戦争を知らない子供たち』が大ヒットした。

1972年からはソロ活動を開始。ソロ作品のヒット曲には『男どうし』、『ANAK (息子)』(1978年)などがある。2002年には、元ふきのとう・細坪基佳と「座・ジローズ」を新結成した。  

忘れられない曲としては、妻子を持つ男の幸福感をみごとに歌いきった『八ヶ岳』など。
また、北山修の歌詞を非常に気に入っており、自らのターニング・ポイントでは事あるごとに北山に作詞を頼んだという(2010年3月8日の「きたやまおさむのレクチャー&ミュージック」より)。なお、歌手活動再開時に北山に依頼した『男どうし』では曲終盤のカウントと手拍子を北山が担当している。
(Wikipediaより)

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 47人

もっと見る

開設日
2011年4月27日

2255日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!