mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Omer Simeon

Omer Simeon

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年4月30日 01:12更新

オマー・シメオン

mixiにニューオリンズ出身のクラリネット奏者である、オマー・シメオンのコミュニティが無かったので、作成致しました。\(^o^)/

皆さまの御参加を宜しく御願い致します。m(__)m

オマー・ビクター・シメオン (Omer Victor Simeon、1902年7月21日 - 1959年9月17日) はアメリカのジャズクラリネット奏者。彼は、ソプラノ・アルト・バリトンサックス、バスクラリネットも演奏した。

来歴・人物
オマー・シメオンはルイジアナ州ニューオーリンズで葉巻製造者の息子として生まれる。彼の家族は、イリノイ州シカゴへと引っ越した。彼はニューオーリンズの名人ロレンゾ・ティオ・ジュニアからクラリネットを学び、1920年にプロの奏者として活動を始めた。

彼はシカゴとウィスコンシン州ミルウォーキーで様々なバンドとともに活動を行い、その中にはジミー・ベルによるバンド、チャーリー・エルガーによるクレオール・オーケストラがあった。1926年にジェリー・ロール・モートンと演奏を始め、モートンのレッド・ホット・ペッパーズや小規模のグループとともに、高い評価を受けたレコーディングシリーズを作った。シメオンは、音楽の教師も行った。1927年に彼はキング・オリバーのディキシー・シンコペーターズに加入し、ともにニューヨークへと移った。その後、エルガーとともにシカゴに戻った後、マンハッタンのルイス・ラッセルと合流し、1928年にアースキン・テイト・オーケストラで演奏するために再度シカゴに戻った。

彼は1940年代にコールマン・ホーキンスとジミー・ランスフォードのバンドで仕事をした。キッド・オリーのバンドとともにいくつかのレコーディング活動をした後、1950年代のウィルバー・ド・パリのバンドとの活動で、1957年のアフリカのツアーも含め、彼は最も疲労することになった。

オマー・シメオンは、咽喉癌のためにニューヨークで亡くなった。

シメオンは、滑らかなトーンと素晴らしい旋律の即興で有名だった。伝統的なニューオーリンズのクレオール・スタイルの最高の提唱者の1人である。ジェリー・ロール・モートンは、彼を最高のジャズクラリネット奏者と評価した。

外部リンク
Omer Simeon

生年月日
1902/07/21(New Orleans, Louisiana)

命日
1959/09/17(New York, New York)

使用楽器
clarinet

経歴
Omer Victor Simeonと言えば、1920年代にJelly Roll MortonやKing Oliverといった超一流の音楽家と録音を残した、ニューオリンズ出身のクラリネット奏者である。Omer Simeonがいつからクラリネットを吹いていたのかは明らかではないが、幼い頃からLorenzo Tio Jr.のもとでクラリネットを学んでいたとされる。もっともLorenzo Tio Jr.と言えば、当時のニューオリンズで最も人気のあった音楽教師であったから、初期のニューオリンズ出身のクラリネット奏者の多くは最低でも一回は彼の教えを受けていたはずである。1914年に家族とともにシカゴに移住するまで、レッスンは続いたのだろう。

Omer Simeonのプロとしてのデビューは、ヴァイオリン奏者をしていた兄のAl Simeonのバンド(Al Simeon's Hot Six)で演奏した1920年のことと言われる。ニューオリンズ時代には、おそらく演奏の機会には恵まれなかったはずだ。その後、Omer Simeonは1923年から1927年までCherlie Elgar's Creole Bandに参加している。

Jelly Roll Mortonとは、1926年から1928年にかけて録音を残した。いくつかの曲ではOmer Simeonのクラリネットがフィーチャーされており、「Black Bottom Stomp」や「Doctor Jazz」、「The Chant」など多くの名演を残した。バス・クラリネットを吹いている「Someday Sweetheart」も面白い。

King Oliverの録音に参加したのが、1927年のこと。その後、1928年にはニューヨークのLuis Russellの楽団に参加。シカゴに戻ってErskin Tateと1928年から1930年にかけて活動。1929年にはJabbo SmithとIkey Robinsonのセッションに参加したほか、自身のリーダーセッションでの録音も残っており、充実した日々であった。1920年代のジャズ界でもっとも人気のあったクラリネット奏者の一人と言えそうだ。

1931年にEarl Hines' Orchestraに参加すると、1941年までこのバンドで演奏した。ここではアルトサックスも吹いていた。1941年にはColeman Hawkinsのビックバンドに、1942年から1950年まではJimmie Lunceford's Orchestraに参加する。

1951年から1959年にかけてのWilbur De Paris' New New Orleans Bandでは、アフリカにまでツアーに行っている。

喉にできた腫瘍がもとで57歳で死んだが、その死の3週間前にジャズ愛好家のために吹きこみをしたのが最後の演奏だったとの事である。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2011年4月23日

2429日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!