mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Barney Bigard

Barney Bigard

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年6月8日 21:00更新

バーニー・ビガード

mixiにニューオリンズのクラリネット奏者である、バーニー・ビガードのコミュニティが無かったので、作成致しました。\(^o^)/

皆さまの御参加を宜しく御願い致します。m(__)m

基本情報
出生名 オールバニー・レオン・ビガード
出生 1906年3月3日
アメリカ合衆国
ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 1980年6月27日(満74歳没)
アメリカ合衆国カリフォルニア州カルバーシティー
ジャンル スイング, ディキシーランド・ジャズ
職業 クラリネット奏者、バンドリーダー
担当楽器 クラリネット、テナー・サクソフォーン
共同作業者 Barney Bigard and His Jazzopators
Barney Bigard and His Orchestra
Barney Bigard and The Pelican Trio
Barney Bigard Sextet
キング・オリヴァー

オールバニー・レオン・ビガード(Albany Leon Bigard、1906年3月3日 - 1980年6月27日)、別名バーニー・ビガード(Barney Bigard)は、アメリカ人のジャズ・クラリネット奏者、テナー・サクソフォーン奏者であり、主にクラリネットで知られている。ビガードはニューオーリンズに生まれ、音楽とクラリネットとをロレンツォ・ティオに学んだ。

ビガードは1920年代初期にシカゴへ移り、そこでキング・オリヴァーらと演奏をした。この期間、クラリネット奏者ジョニー・ドッズを含むキング・オリヴァーらと行った録音の多くで、ビガードはテナー・サクソフォンを担当し、その演奏には、たとえばオリヴァーの大当たりした録音「サムデイ・スウィートハート」に見られるように、しばしば卓越した叙述味が感じられた。

1927年にビガードはニューヨークでデューク・エリントンの楽団に入り、1942年までニューヨークに留まった。エリントンの楽団では、ビガードはクラリネットのソロイストとしてフィーチャーされ、その上テナー・サクソフォンでもサクソフォン・セクションで多少の演奏をした。エリントンの楽団を去った後、ビガードはカリフォルニア州ロサンゼルスに移り、サウンド・トラックの演奏をした。その中には、1946年の映画「ニューオーリンズ」で、ルイ・アームストロングが率いるオールスター・バンドのメンバーとして本人役で準主役を演じたこともあった。

1940年代の終わりの期間は、トロンボーン奏者キッド・オリーのバンドで演奏活動を始め、その後、ルイ・アームストロングの巡業楽団「オール・スターズ」やその他の楽団で、アームストロングと共に演奏をした。ビガードは自伝「With Louis And The Duke」を記した。また、ビガードはいくつかの曲、とりわけエリントンのスタンダード「ムード・インディゴ」で、作曲者または共同作曲者として著作権表示された。1980年6月27日、ビガードはカリフォルニア州カルバーシティーで死去した。

参考文献
「With Louis And The Duke」(バーニー・ビガード著 ISBN 978-0333402108) - バーニー・ビガードの自伝。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 13人

もっと見る

開設日
2011年4月23日

2164日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!