mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Lorenzo Tio Jr

Lorenzo Tio Jr

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年4月30日 17:29更新

ロレンツォ・ティオ

mixiにニューオリンズのクラリネット奏者で師匠である、ロレンツォ・ティオ Jr.のコミュニティが無かったので、作成致しました。\(^o^)/

皆さんの御参加を宜しく御願い致します。m(__)m

ロレンツォ・ティオ Jr.
基本情報
出生名 ロレンツォ・ティオ Jr.
出生 1893年??月??日
アメリカ合衆国
ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 1933年??月??日
アメリカ合衆国
ジャンル クラシック・ジャズ
職業 クラリネット奏者
担当楽器 クラリネット、オーボエ
共同作業者 マニュエル・ペレズ
アーマンド・J・パイロン
ジェリー・ロール・モートン
クラレンス・ウィリアムズ

ロレンツォ・ティオ Jr.(Lorenzo Tio Jr.、1893年 - 1933年)は、ニューオーリンズ出身の優れたクラリネット奏者であった。同様に、父のロレンツォ・ティオ Sr. Lorenzo Tio Sr. (1867年 - 1908年)と叔父のルイス・“パパ”・ティオ Louis "Papa" Tio (1862年 - 1922年)もそうであった。彼らの奏法(それにはアルバート・システムの楽器、ダブルリップ・アンブシュア、それに柔らかなリードが必要であった)はジャズのソロの発展において独創的で将来の発展に影響を与えた。

3人のティオは、クラシックの音楽理論をラグタイム、ブルース、ジャズのミュージシャンたちにもたらし、ロレンツォ Jr. はやがて自分自身でジャズを演奏するようになった。ロレンツォ Sr. は“ビッグ・アイ”・ルイス・ネルソン・ドリールを教えた。多くの特筆すべき初期のジャズのリード楽器の奏者たちはロレンツォ・ティオ Jr. に習っている。つまり、シドニー・ベシェ、バーニー・ビガード、ジョニー・ドッズ、オマー・シメオン、ジミー・ヌーン、アルバート・ニコラス en:Albert Nicholas たちである。

ロレンツォ・ティオ Jr. はオーボエも演奏した。彼は1916年にシカゴでマニュエル・ペレズ Manuel Perez のバンドに参加し、1918年から1928年までは アーマンド・J・パイロン en:Armand J. Piron のバンドに参加して、パイロン、ベシェ、ジェリー・ロール・モートン、クラレンス・ウィリアムズ Clarence Williams らと録音をした。

外部リンク
All Music

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2011年4月21日

2200日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!