mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > George Baquet

George Baquet

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年4月30日 01:12更新

ジョージ・バケット

mixiにニューオリンズ・ジャズのクラリネット奏者であるジョージ・バケットのコミュニティが無かったので、作成致しました。\(^o^)/

皆さんの御参加をどうぞ宜しく御願い致します。m(__)m

基本情報
出生 1882年??月??日
アメリカ合衆国
ルイジアナ州ニューオーリンズ
出身地 アメリカ合衆国
ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 1949年1月14日(満67歳没)
アメリカ合衆国
ペンシルベニア州フィラデルフィア
ジャンル ジャズ
職業 クラリネット奏者
担当楽器 クラリネット
活動期間 1897年 - ?
共同作業者 ライア・クラブ・シンフォニー・オーケストラ
P. T. ライト
ナッシュビル・スチューデント・ミンストラルズ
ジョージア・ミンストラルズ
バディ・ボールデン
ジョン・ロビショー
フレディ・ケパード
オンワド・ブラス・バンド
オリジナル・クレオール・オーケストラ
サム・ゴードン
サム・ゴードンと彼のバンド
ベッシー・スミス
ジェリー・ロール・モートン
シドニー・ベシェ

生年月日
1883(New Orleans, Louisiana)

命日
1949/01/14(Philadelphia,Pennsylvania)

使用楽器
clarinet

経歴
父親のTheogene V. Baquet(1858〜1920)は、Excelsior Brass Bandを組織し、1880年から1904年まで同ブラスバンドのリーダーを務めたという偉大なる音楽家であった。ちなみに、弟のAchille Baquet(1885・11・15 〜 1956・11・20)は Papa Jack LaineのReliance Brass Bandのクラリネット奏者で、後にOriginal New Orleans Jazz Bandで録音も残している。

George Baquetは、 14歳の時に父親がリーダーを務めるLyre Club Symphonic Orchestraに、E-flatのクラリネットで参加した。これが彼のデビューであった。その4年後の1900年にはOnward Brass Bandに加入。1901年から1902年にかけては、Manuel Perezがリーダーを務めていたImperial Orchestraで演奏。当時のニューオリンズのトップバンドで活躍する。また、1902年から1904年にかけてはミンストレルのツアーにも参加した。

このツアー後も、さまざまなニューオリンズのバンドで演奏したそうだが、Buddy Bolden's BandやJohn Robichaux's Orchestraに加わる機会もあったようだ。1906年にはSuperior Band、1908年から1914年にはMagnolia OrchestraとOlympia Orchestra。この一連のバンドでの活躍で名が知られると、Bill JohnsonのOriginal Creole Orchestraに誘われ、ニューオリンズを離れることになる。その後しばらくは、シカゴやニューヨークで活動した。1917年には自身のバンドを率いてフィラデルフィアへと移る。1930年代には、このバンドはGeorge Baquet's Swingstersとして知られることになる。

手に入りやすい音源としては、1929年のJelly Roll Mortonとの録音がある。その演奏自体を聴く限りでは、普通のクラリネット奏者に過ぎないという感がしないでもない。しかし、この頃のGeorge Baquetが全盛期ではなかったことも考慮するべきだろう。

George Baquetは、幼い頃のSidney BechetやJimmie Nooneに多大な影響を与えたと言われる。また、一般的にはAlphonse Picouの業績とされている「High Society」の有名なソロも、実際にはGeorge Baquetが考案したものであるそうだ。偉大なる初期のクラリネットのパイオニアであった。

ジョージ・バケー(George Baquet、1882年/1883年 - 1949年1月14日)は、アメリカのジャズ・クラリネット奏者で、ニューオーリンズの初期のジャズへ貢献したことで知られている。

バケーの父、セオジーン・バケーもクラリネット奏者で、兄弟のアキレ en:Achille Baquet とハル Harold も同じくクラリネット奏者だった。(ハル・バケーは刺し殺された。以前は、その殺人事件はクラレンス・ウィリアムズ Clarence Williams によって為されたと考えられていた。)

バケーの職歴は、まだティーン前半だった1897年に始まった。バケーはライア・クラブ・シンフォニー・オーケストラ the Lyre Club Symphony Orchestra で演奏していた。その後まもなく、P. T. ライト P. T. Wright のナッシュビル・スチューデント・ミンストラルズ Nashville Student Minstrels と地方巡業をしていた。バケーはその時ジョージア・ミンストラルズ the Georgia Minstrels に加わったが、1905年にニューオーリンズへ帰郷し、そこでバディ・ボールデンと共に演奏をした。1900年代から1910年代初期にかけてバケーは演奏を休んでいたが、ジョン・ロビショー en:John Robichaux、フレディ・ケパード、オンワド・ブラス・バンド en:Onward Brass Band と共に演奏をするようになった。バケーとケパードはロサンゼルスでオリジナル・クレオール・オーケストラ the Original Creole Orchestra で演奏した。バケーはその楽団に1916年まで残った。ケパードとバケーの両者は、この時、録音することを考えてはみたが、そうはしなかった。ケパードは彼の音楽のアイデアが盗用されることを心配していたし、バケーにはお金の心配があったからだ。

この 10 年の後半、バケーはニューヨーク市のコニーアイランドで演奏をした。1923年、バケーはフィラデルフィアでサム・ゴードンと彼のバンド Sam Gordon and his band (ラファイエット・プレーヤーズ[1]である)に加わった。そしてフィラデルフィアはバケーが死ぬまで暮らす場所となった。バケーはベッシー・スミスと録音をし、1929年にはジェリー・ロール・モートンと録音をし、そして1940年代にはシドニー・ベシェと録音をした。

外部リンク
初期のジャズ George Baquet
George Baquet at Allmusic

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 7人

もっと見る

開設日
2011年4月21日

2259日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!