mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > グルメ、お酒 > 麻婆豆腐食べた〜い

麻婆豆腐食べた〜い

麻婆豆腐食べた〜い

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人々を魅了してやまない麻婆豆腐。
毎日食べてもいいくらい。
そんな麻婆豆腐の美味しい店やレシピをどんどん紹介してください。

以下、日本豆腐協会による麻婆豆腐の由来です。

豆腐を使った中華として、家庭でも手軽に作れるのが麻婆豆腐。日本でポピュラーになったのは、「料理の鉄人」である陳建一氏の父・建民氏の功績があったといわれています。

さて、この麻婆豆腐、意外にも歴史は浅く、この料理が誕生したのはわずか100年前の清王朝末期といいます。麻婆豆腐が生まれたエピソードを少し紹介しましょう。

この料理の生みの親は、四川省の都・成都に住んでいたチャオチャオという女性でした。彼女は顔にあばたがあるものの、とても魅力的な少女だったようです。

17歳で結婚した彼女が移り住んだのが、成都の郊外の三軒長屋。その住まいの両隣には、豆腐屋と羊肉屋がありました。菜種工場で働く夫と彼女は仲睦まじく暮らしていたのですが、その夫が10年後に急死。若くして未亡人となったチャオチャオは、その後も独身を通してつつましく暮らしていました。

生計の糧となったのが、彼女が作る料理です。両隣が豆腐屋と羊肉屋で、お客さんは油かつぎの人夫たち。料理の材料にはこと欠きません。彼女の料理の評判は、成都では知らぬ者がないほど有名になっていきました。

このときの豆腐料理が「麻婆豆腐」だったのです。文字から想像すると「麻というお婆さんの考えた料理」と想像しがちですが、それは間違い。「麻」はあばたという意味で、「婆」には身持ちの固いおばさんという意味があります。チャオチャオ自身は「羊肉料理」と名付けたのですが、彼女が亡くなってからは誰ともなく「あばたのおばさんの豆腐料理」として『麻婆豆腐』と呼ばれるようになったのです。

開設日
2004年11月09日
(運営期間4344日)
カテゴリ
グルメ、お酒
メンバー数
672人
関連ワード