mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 喫煙所置かぬなら煙草を売るな!

喫煙所置かぬなら煙草を売るな!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年5月8日 21:44更新

 トピ主は喫煙者であるが、だからといって無闇に何処でもタバコを吸おうとは思っていない。
 やはり喫煙者と嫌煙者がちゃんとそれぞれに意志に応じて、場所を弁えることが肝要かと考える。
 したがって、喫煙者としては、ちゃんと喫煙する場を提供いただくことを求めるところである。

 それでは、誰が提供をすべきか?
 それはタバコによって利益をうる者が場の提供をすべきものと考える。そういう点ではJT(日本たばこ産業)などのメーカーの努力は求められるところである。
 しかし、メーカーのみではない。消費者に販売する小売業においても努力が求められよう。
 たばこによって利益を得るものの一つの勤めとして、ある意味の原因者責任の一貫として、小売する側も適切な場の提供があってしかるべきだ。

 しかし、それと逆行する動きが明確になってきている。

 それはとくに、関東の私鉄駅である。

 健康増進法のもと、関東の私鉄では駅構内での喫煙所が撤去された。喫煙する場が失われたのである。
 が、しかし、駅の売店においては、今でも平然とタバコの販売が行われている。
 「売るだけ売って、吸わさない」
 これはいったいどういうことか。

 売店と鉄道会社とは別会社の、とは言わせない。売店は連結下の子会社である場合が多いだけではなく、なにより売店よりショバ代を徴収しているのが鉄道会社である。
 自分の駅は綺麗になりました(ついでにコスト削減で儲かりました)。でも、タバコは買ってください。
 なんだい、それは?

 駅で買われたタバコが、他の良心的に設置されてる喫煙場所への負荷となってくるだろう。要するに外部不経済化させている。
 
 売る以上は、責任もって喫煙場所を作れ!

 喫煙場所を作らぬなら、タバコからの利益を得る資格なし!

 タバコの利益を得るものは、ちゃんと場を提供する者のみ!


 ということで、現在のこの矛盾した状態に対して、販売に二者択一を迫っていくことを考えたいと思います。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 20人

もっと見る

開設日
2006年1月18日

4177日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!