mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > Caspar David Friedrich

Caspar David Friedrich

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年7月15日 02:50更新

【wikipedia/日本語版】
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%92


【wikipedia/英語版】
http://en.wikipedia.org/wiki/Caspar_David_Friedrich



19世紀、ドイツロマン派の画家、カスパー・デヴィット・フリードリヒ(カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ)。

過去の様式や類型や主題に拘らず、宇宙と自然と人間がある均衡を保つその一瞬を捉える。

「神的なものは至るところに、一粒の砂の中にもある」

「あなたは私を伴おうとしておられる。しかし、あなたのお気に召しているような私という人間は、あなたと同行しないでしょう。私は自然を完全に見つめ、感ずるために、一人でとどまり、自分が一人であることを知らねばならないのです。私は、私があるところのものであるために、私を取り囲むものに献身し、私の雲や岩と一つにならねばならないのです」 


そして、彼の作品からは、”濃厚な死のイメージ”が漂う。

「問いがしばしば私に向けられる、なぜ君は絵画の対象にかくもしばしば死、無常、墓を選ぶのかと。いつか永遠にいきるために、人はしばしば死に身を委ねなければならないのだ」 

天と地の調和と均衡。死と生の狭間。
そして死からの再生を祈り。

”廃墟エデルナ”(1825年)はタルコフスキーの”ノスタルジア”に出てくる、かの有名なラストシーンに酷似している。

「君たちは私を人間嫌いという。私が人間社会を避けるがゆえに。それは思い違いだ。私は社会を愛している。ただ人間を憎まないために、私は交わりを絶たねばならないのだ」 

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 317人

もっと見る

開設日
2006年1月17日

4323日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!