mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 後藤明生

後藤明生

後藤明生

ログインして参加する

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

後藤明生(1932年4月4日〜1999年8月2日)

 小説家。本名明正。旧朝鮮の永興に生れ、元山中学に入学の年に敗戦。引き揚げの途中父と祖母を失い、本籍地の福岡県立朝倉中学に転入、同高校を経て早大露文科を卒業した。『赤と黒の記憶』 (昭三〇)で全国学生小説コンクールに入選、博報堂を経て平凡出版社に勤務し、『関係』(昭三七)で文芸賞佳作、『人間の病気』(昭四二)で芥川賞候補となり、翌年退社した。『私的生活』(昭四四)、『笑い
地獄』(同)、『何?』(昭四五刊)、『書かれない報告』(昭四六刊)等に収めた作品では、ゴーゴリとカフカのつよい影響を受け、画一化された団地で《考える》こと、つまり小説を書くことを選んだ作者が、他者との関係のなかに存在の根拠を求めようとして、自問自答を重ねてかえって謎の渦流にまきこまれてゆく思考の運動を活写している。長編『挾み撃ち』(昭四八刊)では、この方法が故郷喪失者の原点追求に適用されて目覚ましい成功を収め、その延長ともいうべき連作『夢かたり』(昭五一刊。平林たい子賞)では、幽玄の域にまで達した絵模様のなかに、朝鮮での少年時代を鮮明に再現している。別荘のある信濃追分の地縁を追った『吉野大夫』(昭五六刊)で谷崎潤一郎賞を受賞。ウルトラ前衛を自称する通り、日常的なものの組合せから奇怪なグロテスクを現出させる方法的実験は、『汝の隣人』(昭五八刊)でさらに過激となるが、大長編『壁の中』(昭六一刊)は掲載誌「海」の休刊後も書きつがれ、久しぶりにフィクションの形で、作者得意の脱線にみちた饒舌体を生かしきっている。 (平岡篤頼)

『新潮日本文学辞典』(増補改訂版/1988年4月/新潮社)より

◆ 参考 ---------------------------------------
後藤明生著書一覧
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/4111/shiryou1.html

後藤明生年譜
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife/4111/shiryou2.html

後藤明生追悼文及び関連記事一覧
http://page.freett.com/jurannet/tsuitobunichiran.htm

◆ 関連コミュニティ -------------------------------


----------------------------------------------


※トピックは自由に作ってください。

開設日
2004年11月09日
(運営期間4342日)
カテゴリ
本、マンガ
メンバー数
227人
関連ワード