mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > ビジネス、経済 > パイプライン

パイプライン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年9月23日 00:47更新

☆パブロとブルーノの物語☆


このアニメーションは、1801年イタリア中西部の二人の若者、パブロとブルーノの物語です。
二人は、ある日大きなチャンスを手にします。夢の実現を目指して日々がんばる姿は、経済的自立を目指して21世紀に生きる私達にも、ちょっとした感動と、ビジネスにおける大きな気づきを与えてくれることでしょう。




たとえば、インドネシアやオーストラリアでは、このビジネスを知らない人に権利収入の可能性を、わかりやすいパイプラインのたとえで理解してもらえると大評判!



1.むかーし、むかし。ある美しい渓谷の村に、パブロとブルーノという若者がいました。二人は夢を実現するチャンスを探していました。

2.そのチャンスは、ある日、思わぬところからやってきました。仕事は、山奥の泉から、ふもとの村まで水を運ぶことでした。

3.その給料は、運んだ水の量によって決まります。

4.それから毎日、朝から晩まで、二人はバケツを持って、泉と村の間を何度も何度も往復しました。ブルーノは、この仕事と給料に満足していました。そして、給料が増えれば、夢がかなって、すぐに牛や家が買えると信じていました。ブルーノはさらに大きなバケツを手に入れ、運ぶ量と回数を増やしました。

5.一方パブロは、納得していませんでした。そして、泉から村まで、水道管のようなパイプラインを作ることを思いつきました。

6.パブロはまず親友のブルーノに、パイプラインを一緒に作ろうと話しました。けれどもブルーノは、あっさり断りました。

7.パブロは、完成には何年もの努力が要ることも知っていました。これまでどおり平日は、せっせとバケツを運びました。ブルーノや村人たちは、パブロのことをあざ笑いました。

8.ただブルーノは、毎日重いバケツを運ぶことで、体が弱ってきたせいで、ブルーノが運ぶ水の量は、どんどん減っていきました。

9.パイプラインのパブロは何ヶ月も必死に働きました。
そして、ついにパイプラインは完成したのです。。。

さて、このあと、二人はどうなったでしょう・・・。

そんな中、ブルーノは毎日重いバケツを運んでいることで体が弱ったため、ブルーノが運ぶ水の量はどんどん減っていきました・・・。

一方パブロは長い月日をかけて必死にパイプラインを完成させ、パイプラインを伝って村に水が流れる限り、パブロは継続的に収入を得ることが出来るようになったのです。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 40人

もっと見る

開設日
2006年1月17日

4351日間運営

カテゴリ
ビジネス、経済
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!