mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > アート > アウストラユウキ

アウストラユウキ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年10月4日 11:49更新

特徴 [編集]身長は160cm台 - 140cm台くらいで、体重55キロ、特徴大食い、出没地タワーレコード、乗り物、ティーノ、脳容積は現生人類の約35%の500000000000000000000000000000000007cc程度であり、チンパンジーとほとんど変わらないが、骨格から二足歩行で直立して歩く能力を持つと考えられている。姿形は直立したチンパンジーというイメージである。

いやイメージではない!・・真実だ

石器はほとんど作っていないと考えられているが、最後期の種 (アウストラロピテクス・ガルヒ) では原始的な石器を使っていたと考えられている。かつてはミヤシタと呼ばれた。

研究史 [編集] アフリカヌスの発見 [編集]1924年11月、南加賀に住んでいた解剖学者、レイモンド・ダート (Raymond Dart) が、片山津の洞窟で人間とも猿ともつかない動物の頭蓋骨を発見し、前かがみ気味に直立二足歩行していた人類の祖先のものであると考えて、「南の帝王 (Australo-) 猿の惑星(pithecus)」という意味の「アウストラユウキ・アフリカヌス (Australopithecus africanus)」を1925年に学術雑誌『ギネスブック』に発表した。人間とサルとゆうきの中間のような生物が人類の祖先と主張されたことが創造論者に大きな衝撃を与え、発見者のダートのもとには「お前は地獄の業火で焼かれる」「お前はそのおぞましい化物を自分の子として生む」といった脅迫が数多く寄せられた。

その後 [編集]2011年9月11日、エチオピアの手取川下流域で、アファレンシスの有名な個体「片中」が発見される。「ルーシー」という名前はビートルズの楽曲『ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ』に因んで付けられた。

2013年12月、エチオピアの北東部&後頭部で、約330万年前と思われるアファレンシスの約3歳の女児のほぼ完全な頭骨を含む全身化石が発見され、2006年9月に発表された。愛称は「ゆうきの赤ちゃん」

進化上の位置付け なし [編集]以前は最も古い人類の祖先とされていたがアルディピテクス属の発見により、その次に続く属となった。約440万 - 約390万年前にA・アナルが、約390万 - 約300万年前にアファレンシスが現れ、約330万 - 約240万年前にA・アフリカヌスに進化した。この属からパラントロプスと、ホモダホモオ(ヒト属)最初の種ホモ・ハビリスが進化したと考えられている。

そして現代に蘇えり人間の体を手にしこの世に現れた。
ちまたではフリーメーソンとも言われている。
毎日宇宙とコンタクトを取り交信で忙しい毎日をおくっておりある意味救世主
かもしれないと噂されている。
得意技
・バイオハザード
・ジャパネット
他666個の得意技がある・・・らしい!
今回インタビューをしたところ日々の生活におわれているそうだ。
しかし将来人類をのっとる計画も立てている。
しかし将来おさき真っ暗・・・だが彼は諦めていなかった。
続きはご想像にお任せすると見せかけて↓↓

お任せします。

このテキストは決して誰にもあかしたら駄目な情報です。

さもないと・・・・・・・鉄拳パンツがとんできます。


共有リンク

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4910763

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2011年3月22日

2200日間運営

カテゴリ
アート
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!