mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 英彦山神宮&英彦山

英彦山神宮&英彦山

英彦山神宮&英彦山

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年3月30日 03:40更新

英彦山神宮と英彦山のコミュなかったのでつくりましたぴかぴか(新しい)

ぴかぴか(新しい)御祭神

主 神  天忍穂耳命(あまのおしほみのみこと)
配 神  伊邪那岐命(いざなぎのみこと)
      伊邪那美命(いざなみのみこと)

ぴかぴか(新しい)お由緒

英彦山は、古来から神の山として信仰されていた霊山で、御祭神が天照大神の御子、天忍穂耳命であることから「日の子の山」即ち「日子山」と呼ばれていました。
嵯峨天皇の弘仁10年(819年)詔(みことのり)によって「日子」の2文字を「彦」に改められ、次いで、霊元法皇。享保14年(1724年)には、院宣により「英」の1字を賜り「英彦山」と改称され現在に至ってます。

ぴかぴか(新しい)お神徳

天照大神の御神勅により、この地に降臨された天忍穂耳命は、農業生産の守護神として、また、鉱山・工場などの守護神として崇敬されています。

ぴかぴか(新しい)奉幣殿

英彦山にお参りされる皆さんは、まず奉幣殿を目指して来られます。英彦山は、中岳・北岳・南岳の3つの山からできています。
 奉幣殿は国指定重要文化財です。天平12(740)年建立といわれていますが、現在のものは江戸時代初めの元和2(1616)年、当時の小倉藩主、細川忠興公の寄進によって再建されたものです。和様建築ですが一部には唐様手法も取り入れられています。また、江戸時代の建築なのに桃山風の部分もあります。大きい木割と規模の広壮さ、細部に華やかすぎる装飾がないのも豪壮な感じを受けます。毎年3月15日は、奉幣殿前の境内で豊作を祈って、御田祭が行われます。明治時代までは神仏混淆でしたので、英彦山の最高の地位の方は「座主」と呼ばれ、奉幣殿は「大講堂」と呼ばれていました。
 お手水所の横に懸けられている大梵鐘は文録3(1594)年、岩石城主毛利久八郎の寄進によるもので、県指定文化財です。
 足に自信のある方は、時間的に余裕のある方は、上宮まで登られることをおすすめします。海抜1200メートルからの展望は絶景です。晴天なら阿蘇山も見えます。頂上まで約2キロ、1時間30分くらいです。(添田町役場HP抜粋)

ぴかぴか(新しい)英彦山神宮HPhttp://www.hikosan.net/

ぴかぴか(新しい)英彦山紹介マップ(PDF)http://www.tagawa-net.jp/maps/soeda_hikosan

ぴかぴか(新しい)添田町役場HPhttp://www.town.soeda.fukuoka.jp/

ぴかぴか(新しい)田川ネットhttp://www.tagawa-net.jp/

ぴかぴか(新しい)英彦山の神話(添田町役場HPより抜粋)

    もみじ緑川のはなし
    http://www.town.soeda.fukuoka.jp/contents/7d39040f1a0c22a/7d39040f1a0c22a4.htm

    もみじ大国主命と天忍骨尊
    http://www.town.soeda.fukuoka.jp/contents/7d39040f1a0c22a/7d39040f1a0c22a6.htm

湯のみ小石原焼(英彦山の西のふもとにある焼き物の里)
     http://www.koishiwarayaki.or.jp/

電球柚子胡椒(英彦山が発祥地)
    
ぴかぴか(新しい)はじめまして&足跡帳
    http://mixi.jp/list_bbs.pl?id=5537051&type=bbs

危険・警告トピ立ては御自由ですが管理人が不適切と判断したものについては削除させていただきます。ご了承くださいませ。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 21人

もっと見る

開設日
2011年3月20日

2437日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!