mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > Albert Fish

Albert Fish

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年4月19日 13:38更新

アルバート・フィッシュ

1910年から1934年の間に400人を殺害したと自供。
被害者は主に貧しい少年・少女であった。

--------------------

1870年、ワシントンD.C.生まれ。
5歳のとき父が死亡。孤児院に預けられ幼少期を送る。

15歳のとき塗装工の見習いとなり、その後28歳で結婚。6人の子供を設けるも、1917年に妻が愛人と駆け落ちし結婚生活は破綻。

この頃から、『贖罪』の名の下にフィッシュは自傷行為を始める。後にフィッシュはこう語っている。

「いつも誰かに苦痛を与えたかったし、また苦痛を与えられたかった」


1934年、グレース・バッド殺害の容疑で逮捕。

400人という数は誇張だと思われるが、少なくとも15人以上は殺害していたという見解が強い。また「限りなく疑わしい」事件が多数存在しているのも事実である。
しかし、フィッシュの犯行だと確定できた事件は上記のグレース・バッド殺害を含め3件に留まる。

犯行が満月の日に行われたことから『満月の狂人(Moon Maniac)』と呼ばれた。

犯行を重ねていたとされる25年間、フィッシュは軽犯罪を除き罪に問われたことは一度もない。傍目には穏やかで敬虔な初老の紳士として振る舞っていた。
彼を逮捕した刑事が「まるで『無害』という言葉が服を着て座っているようだった」と踏み込んだときの印象を後に語っていることからも、彼が世間にどのような印象を与えていたのかを知ることが出来る。

しかしその一方で、フィッシュは殺人を繰り返し、狂気を肥大させ続けた。被害者の遺体はソテーしたりシチューにして食べていた。

身長150cm、体重58kg。



1936年、電気椅子により処刑。

「なんでまた私は、こんなところにいるのかねぇ」

というのが、フィッシュ最期の言葉であったという。
 
 

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 272人

もっと見る

開設日
2006年1月15日

4146日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!