mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > マルコム・ツニャカオ

マルコム・ツニャカオ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年11月17日 18:09更新

マルコム・ツニャカオ
(Malcolm Tunacao、1978年12月8日 )
フィリピン、セブ州マンダウエ出身。
現OPBF東洋太平洋バンタム級王者。
元WBC世界フライ級王者。スタイルはサウスポー。
2010年より真正ボクシングジム所属。

実兄であるノエル・ツニャカオも元ボクサーで井岡弘樹が持つ世界王座に挑戦した経歴を持つ


1998年8月1日、プロデビューを2RTKOで飾る。

2000年5月19日、メッドグン・3Kバッテリーを7RTKOで下しWBC世界フライ級王座獲得。
2000年8月20日、東京でセレス小林を相手に初防衛戦。フルラウンドの激闘の末、引き分けで王座防衛。
2001年3月2日、ポンサクレック・ウォンジョンカムに1RTKOで初敗北を喫するとともに王座陥落。

2003年9月26日、リンゴ・ジャガーとのWBCインターナショナルスーパーフライ級王座決定戦に挑み、5RKOで王座獲得。

2005年11月19日、クマントーン・ポープルムカモンが持つOPBF東洋太平洋バンタム級王座に挑戦。判定で王座奪取。
大場浩平、木嶋安雄の挑戦退け東洋太平洋王座を2度防衛。
2007年1月13日、ロリー松下に0-2で敗れ王座陥落。

2008年9月20日、Monico Laurenteと接戦を制した国内バンタム級王座獲得。

2009年7月14日、ワールド記念ホールで行われたダブルタイトルマッチの前座として難波拓人と対戦。8R大差判定で勝利した。この後、長谷川穂積のスパーリングパートナーを務めた縁で真正ジムに移籍。

2010年2月6日、韓国・聞慶市で空位のOPBF東洋太平洋バンタム級王座を同1位として、2位の蔡昇錫と争い、判定勝利を収めて2年1か月ぶりに同王座を奪回した。終始優位に試合を進めたが、判定は114-115、115-114、115-114の2-1だった。
2010年7月11日、名古屋国際会議場に於いて、約4年前に引き分けた大場浩平と2月に返り咲いた東洋太平洋王座の初防衛戦を行い、12R判定(3-0)で勝利し初防衛に成功した。
2010年11月2日、神戸文化ホールで2度の世界挑戦経験を持つ本田秀伸を5回TKOに降し、2度目の防衛に成功した。
2011年2月5日、元日本スーパーフライ級王者中広大悟と対戦し、序盤から優勢に試合を進めて6回TKO勝ちを収めて3度目の防衛に成功した。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 18人

もっと見る

開設日
2011年2月25日

2286日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!