mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 本、マンガ > 哲学の塔

哲学の塔

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2011年2月25日 13:43更新

僕の創作小説です。
興味のある方は是非☆


 ロンドン郊外の大学生、マシュー・ハワース。
日本からの帰国子女で、イギリスでの生活にも少し慣れてきた彼は、ある雨上がりの日、
ハイドパークのベンチで謎の不思議な本と出逢う。
禁じられた言葉を封印しているという『worLdz』という名の本のページをめくると、そ
こには、妖精のシルエットが生きているように動いていた。
彼女の名前はクロエ・W・ウィスパー。彼女の言葉が、言語化されて記されていく。
彼もまた、白紙の本に言葉を書き連ねていき、奇妙なコミュニケーションは始まった。
そんな折、最近イギリスを賑わしている事件に巻き込まれる。
マシューの在籍しているロンドン郊外の名門大学の敷地内にある塔で、奇天烈な殺人事
件が起こったのだ。
キャンパスに荘厳と建築された哲学の塔。
窓ひとつない、円柱型のゴシック建築の塔の高さは77メートル、直径20メートルになる。
そして最も奇妙なのが、その外観の造形にある。天地逆の構造なのだ。まるで空から逆さ
まの状態で垂直に落下してきたように、地面に突き刺さっていた。
常に錠をかけられた硬く頑丈な鉄の扉を開けると、内部は空洞となっており、屋上に続
く螺旋階段が延々と天に向かって伸びていた。その階段を登りきった先に、屋上へ入る
ためのアーチ型の口が開いている。屋上には腰程の高さの手すりだけがあり、他には何
もない空間だった。そして、そこから見える景色は、広いキャンパスに広がるヒースの公
園と散在する校舎。空を覆うロンドンの雲、それ以外にこの塔よりも高い建築物もなけ
れば、木々もなかった。
その哲学の塔で、ここ数日、実に摩訶不思議で奇妙な事件が起きていた。
それが、哲学の塔の屋上でみつかる落下死体なのだ。
身元不明の男の落下死体が発見されたのを皮切りに、ロンドン中を震撼させる事件が
幕開けたのだ。
なぜ塔の屋上で、落下死体がみつかるのか?死体はどこから落ちてきたのか?
死人が残した“空が落ちてくる”という言葉の意味は?
そして、“重力に逆らってリンゴが浮上していく”伝説の謎。
天地逆さの塔の屋上でみつかる落下死体の謎。
宇宙人説、神の裁き、魔術士の仕業、延々と繰り返される机上の空論説。螺旋階段のよう
に、真実の見えない闇の中をぐるぐると彷徨っている。
その時、見えない言葉の妖精は投げかけてきた。
“謎を記せ”と。
彼は、事件のあらましを本に書き綴っていく。誰にも解けない謎を。
彼女は見えない魔法の謎に言葉をかけた。
“解を示そう”
マシュー青年と、不思議な本の妖精の新感覚ミステリー。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 2人
開設日
2011年2月25日

2191日間運営

カテゴリ
本、マンガ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!