mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > REBTを語るコミュニティ。

REBTを語るコミュニティ。

REBTを語るコミュニティ。

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年12月15日 23:28更新

心理療法のひとつのREBT(論理情動行動療法)について研究するコミュニティです電球どなたでもご参加いただけます蛙
特に、以下の方のご参加をお待ちしております星

・最近悩みを抱えている方
・REBTの専門家を目指す方
・通り掛かりの方

このコミュニティでは、REBTの各概念についての議論、研究をします蛙
しかし、REBT初心者の方でも、むしろREBT初心者の方にこそご参加になり、質問、相談され、日常生活にお役立て頂ければ、と思いますわーい(嬉しい顔)
REBTはシンプルで学びやすく、また、自らが自身のセラピストになることを目標としますので、学ばれると今後のご生活の助けとなるはずです蛙

どうぞ、お気軽にご参加くださいるんるん

あ、トピ立ては自由ですのでぜひどうぞほっとした顔お話しになりたいことなら何でも構いません電球

以下は興味がお有りな方、お暇な方のみご覧ください蛙


【REBT理論概要】

REBT(論理情動行動療法)は、認知行動療法に分類される心理療法のひとつ。

「人は出来事によってではなく、出来事に対する考えによって惑乱する」

この哲学者達の言葉に基づき、アルバート・エリスが提唱した理論で、人は自分の感情を自分でコントロールできる、という立場を取るものです。

REBTの目的は、生き抜くこと、そして人生をより楽しむこと。

REBTの基本的考え
・人間は目標を設定し、その達成のために努力している時に幸せを感じる。
・人間は誤りを犯しやすい存在である。
・人間の存在は評価できない。
・感情,行動は、その個人の意思,選択によるものである。
・思考,感情,行動は別個のものではなく、相互作用で影響を与え合うものである。

REBT理論の大きな特徴は、ビリーフ(考え方)について述べている点。
このビリーフは、形式を持つものであり、IB(イラショナルビリーフ)とRB(ラショナルビリーフ)に分けられます。

IBは日本語で「非合理的な信念」であり、不適応的な考え方です。これは、不健康な感情を生起させ、不適応的な行動に繋がります。
IBは自分、他者、世の中に対する絶対的な要求を基本としています。

ex,
・私は(必ず)成功しなくてはならない
・私は人に必ず愛されたい・彼は私を馬鹿にしてはならない
・私は辛い思いはしたくない(世の中は楽なほうがいい)

この絶対的な要求が、以下の考えと結び付き、IBは形成されます。

・耐えられない
要求が満たされない場面、またその場面の想像の中で、自分は状況に耐えられないものだと考える。

・非難と罵倒
要求が満たされない場面、またその場面の想像の中で、自分、他者、あるいは状況を非難する。

・全く価値がない
要求が満たされない場面、またその場面の想像の中で、自分、他者、あるいは状況が、全くの無価値であるかのように考える。

・恐れ/100%以上の恐れ
状況を現実よりも悪く捉え、最悪にひどいことだと考える。
例えば、恋人に振られた男性が、「もう俺は終わりだ!!」と叫ぶ。

・いつも‐決してない思考自分、他者、世の中が、全く不変のものだと考える。
例えば、仕事で失敗した人が「私はいつも失敗ばかりだ。これからもどうせ失敗する。」と考える。


IB例
・私は大事なプロジェクトから外された。私は完璧なエリートじゃなければならないのに、プロジェクトから外されるなんて、全く私は何をやっているんだ。私はもう人生で成功できないだろう。最悪だ。なんてダメな人間なんだ。

・あいつマジ俺のこと馬鹿にしてんだけど!!って言うかお前なんかに馬鹿にされたくねぇし!!ナメたこと言いやがって許せねぇ!!ふざけんなし!!マジ死ね!!

・第一志望の大学に落ちた。絶対に受からきゃいけなかったのに。あの大学に行けないなんて、私はなんてダメなんだろう。たくさん勉強したのに、世の中はなんて不公平なんだろう。そういえば私って今までずっと失敗ばっかりだったな。きっとこれからもダメなままなんだ。もう、こんな私なんかイヤだ。


IBに対し、RBは現実により近い考え方です。これは、健康的な感情を生みます。その状態ならば、人は現実に適応できるように必要な行動をとることができます。

まず、自分の願望は飽くまで願望であり、現実世界と必ずしも一致するものではないと考えます。形としては、大体、
「〜したい。けど、そうではないときもある。」
といったものになります。
また、状況に対し適度な評価を行い、耐えていこうと考えます。
さらに、誤りを受容し、出来事で自分を評価することをしません。評価は行動に限ってのみ行います。
そして、物事の不確実性を受容し、自分、他者、世の中を受容する態度を示します。

RB例
・私はプロジェクトから外されて悲しいけれど、それで人生は終わらないし、耐えられる。エリートでなければならないなんて証拠はどこにあるのだろう。

・あいつに馬鹿にされてそりゃちょっとはイラッとくるけど、それでも俺は我慢できる。人間は間違いを犯しやすい生き物だから、あいつだってたまには間違ったことをするし、俺はそれを許せる。

・私は大学落ちちゃったけど、それで私が無価値だって決まるわけじゃない。世の中は辛いことだって起きるけど、それと同じように良いことだって起きるのかもしれない。だから、私だってずっと失敗ばっかりするわけじゃない。私自身も変わっていけるし、変わろうと努力することはできる。



REBTのセラピーでは、クライエントとカウンセラーが協働し、IBをRBに変容させる過程が中心となります。そして、クライエントの不健康な感情を、健康な感情に変え、クライエントが目標を達成できるように支援します。


長文になり申し訳ありませんm(__)m

最後に、このコミュニティが心理臨床を志す皆さんの研究に役立つこと、また、参加された方々の心理的に充実した生活の支援となることを願います。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 22人

もっと見る

開設日
2011年2月13日

2127日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!