mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > グルメ、お酒 > うさみ亭マツバヤ

うさみ亭マツバヤ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年7月8日 18:18更新

危険・警告うさみ亭マツバヤ(旧・松葉家)のコミュニティを設立させて頂きましたexclamation ×2



きつねうどん発祥の店

明治時代、松屋町筋にある寿司屋で奉公をしていた宇佐美要太郎さんが、その店の閉店を機に、船場でうどん屋「本舗松葉家」を開店したのが「うさみ亭マツバヤ」のはじまり。寿司屋で働いていた経験から、いなり寿司の揚げを出してみようと考えた初代は、ある日うどんを注文したお客さんに揚げを別皿に入れてサービスで出してみたそうです。もちろん初代は、うどんと揚げは別々に食べるものとして出したのですが、あるお客さんが揚げをうどんの上にのせて食べてみたのでした。すると「すごくおいしい!」と......それが、うどんの上に揚げがのった「きつねうどん」の始まりです。

現在は3代目が暖簾を守っている

「歴史や名前だけじゃ商売できません。祖父そして父がつくった味を継がなければ」と、現在は、3代目の宇佐美芳宏さん(63歳)が、先代の築きあげたうどんの味を守り続けています。ダシ用と麺用で使い分けられる水は石を入れて一晩ねかせるほか、材料は創業当時と同じものを各地から取り寄せています。菜種油で揚げられた京都錦の油揚げ、筑後和泉(熊本県)の小麦、屋久島のかつお節、能登半島・揚浜塩田の塩、北海道の上もの昆布、小豆島の醤油、阿波の砂糖など、材料の産地を並べるだけでも大変な数になります。

昔そのままの味を堪能できる

日本各地から素晴らしい食材が集まってきていた大阪だから生まれた「うさみ亭マツバヤ」(本舗松葉家)のきつねうどん。今でも、昼前から常連客が集まり、昔そのままの味を堪能しています。



創業/1893(明治26)年
創業地/船場
創業者/宇佐美要太郎
現社名/うさみ亭マツバヤ(旧社名:本舗松葉家)
所在地/大阪市中央区南船場3-8-1
電話/06-6251-3339

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 4人
開設日
2011年2月8日

2331日間運営

カテゴリ
グルメ、お酒
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!