mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > その他 > グローバリゼーション

グローバリゼーション

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年9月21日 01:46更新

グローバリゼーションに関するコミュニティです。
国際情勢や国際政治から身近な国際化(例えば英会話教室に通っている、外国人の友達がいます、等)、質問や疑問、意見その他何でも自由に書き込んで下さい。
まだ全然知らない人も一緒にマイペースにコミュニティを作っていきましょう。
(It is a community concerning the Globalization.
You mention anything besides the question, the doubt, and the opinion from the international situation and the international politics to the close globalization [For instance, I have foreigner's friend, and I always go to the English conversation classroom, etc.], if you please.
Any people who doesn't know still at all will form the community in your own way together.)

姉妹コミュ、アメリカニゼーションもお願いします。
(Sister community, the Americanization, if you please.)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5473339


●グローバリゼーション(Globalization)―
社会的あるいは経済的な連関が、旧来の国家や地域などの境界を越えて、地球規模に拡大して様々な変化を引き起こす現象である。

この語は、様々な社会的、文化的、経済的活動において用いられる。使われる文脈によって、例えば世界の異なる地域での産業を構成する要素間の関係が増えている事態(産業の地球規模化)など、世界の異なる部分間の緊密な繋がり(世界の地球規模化)を意味する場合もある。

世界史的に見れば、何らかの現象の「グローバリゼーション」は、シルクロードや大航海時代に起源を発する。大航海時代により、ヨーロッパ諸国が植民地を世界各地に作り始め、これによりヨーロッパの政治体制や経済体制の「グローバリゼーション」が始まり、物流の「グローバリゼーション」が起こった。これが本格化し始めた時期は19世紀で、ナポレオン戦争による国民国家の形成や、産業革命による資本主義の勃興が、近代の「グローバリゼーション」を引き起こした。

近年、グローバリゼーションの負の現象を非難する人々は、主要国首脳会議の開催地などで反グローバリゼーションを訴えている。又、グローバリゼーションが多国籍企業を利して末端の労働者を害する現象だと考える人々は、これを「アメリカナイゼーション」と揶揄する人々も少なくない(グローバル資本主義)。

より明確にいうと、グローバリゼーション(Globalization)=地球規模化が認められるものには:

・国際共通語としての英語の重要性。(中国語も含まれる場合がある)

・世界経済の融合と連携深化。

・貿易の発展。

・直接投資を含む資本の国際的流動の増加。

・国際金融システムの発展。

・多国籍企業による世界経済の支配割合の高まり。

・世界で最適な調達、販売を行なうサプライチェーン・マネジメントの発達。

・航空と海運の航路増大による物流ネットワークの発達。

・インターネット、通信衛星、電話などの技術を使った国境を越えるデータの流れの増大。

・地球規模的に適用される標準、基準などの増加。(例:著作権法)

・異文化交流の機会増加。

・増大する国際的な文化の交換、交流。例としては、ハリウッド映画の輸出を通じてのアメリカ文化の拡散が挙げられる。

・文化の同化、融合、欧米化、アメリカ化(アメリカナイゼーション)、日本化及び中華化を通じての文化差異の減少。

・増加する海外旅行、観光。

・不法入国者を含んだ移住者の増加。

・政治主体の一元化。

・世界貿易機関(WTO)などの組織への国際的取り決めを通じての国家支配権と国境(の重要さ)の衰退。

・国民国家の枠組みにとらわれないNGOなどの組織拡大。

・WTO、WIPO、IMFなどの国際的組織の役割の増大。

・社会問題の世界化。

・疫病の世界的流行。

・地球全体の環境問題。

・紛争への世界的関与。

 等々
(※一部Wikipediaより抜粋)

=========In English=========

●Globalization (グローバリゼーション)―
Describes the process by which regional economies, societies, and cultures have become integrated through a global network of political ideas through communication, transportation, and trade. The term is most closely associated with the term economic globalization: the integration of national economies into the international economy through trade, foreign direct investment, capital flows, migration, the spread of technology, and military presence. However, the globalization is usually recognized as being driven by a combination of economic, technological, sociocultural, political, and biological factors. The term can also refer to the transnational circulation of ideas, languages, or popular culture through acculturation. An aspect of the world which has gone through the process can be said to be globalized.

The historical origins of globalization are the subject of on-going debate. Though some scholars situate the origins of globalization in the modern era, others regard it as a phenomenon with a long history. Through extent of the Silk Road and Spice trade routes blocked by the Ottoman Empire spurring exploration, the Age of Discovery brought a broad change in the globalization, being the first period in which Eurasia and Africa engaged in substantial cultural, material and biologic exchange with the New World. It began in the late 15th century. The first exploratory voyages around the Horn of Africa and to the Americas, "discovered" by Christopher Columbus. And then, 19th century Great Britain become the first global economic superpower, because of superior manufacturing technology and improved global communications.

On the other hand, the globalization is made a metaphor like Americanization. According to some scholar suggests that Anti-Americanism cannot be isolated as a consistent phenomenon and that the term originated as a rough composite of stereotypes, prejudices and criticisms towards Americans or the United States, evolving to more politically and economically based criticism.

When it is said more clearly, to be the one that the globalization is admitted:

・English importance as the international common language. (Chinese is the case which is included in them)

・Uniting and coordinated deepen of world economy.

・Development of trade.

・Increase of international flow of the capital including direct equity investment.

・Development of international finance system.

・Rise of rule ratio of world economy by multinational company.

・Development of supply chain management that does the best procurement and sales in the world.

・Airlines and development of distribution network by sea route increase of marine transportation.

・Increase of flow of data that crosses border where technologies such as the Internet, communications satellites, and calling were used.

・Increase of mark and law, etc. ―applied to global target―. (example: Copyright Law)

・Increase at chance of exchange of making to lection.

・Exchange and interchange of increasing international culture. The example includes diffusion of a running American culture of the export of Hollywood picture.

・Assimilation, uniting, change to Europe and America, Americanization (Americanize) of culture, and a decrease in cultural difference ―change to Japan and change to Chinese―.

・Increasing traveling abroad and sightseeing.

・Increase of migrant who includes illegal immigrant.

・Unification of political subject.

・National dominion and decline of border (main point) ―international decision to organization such as World Trade Organizations (WTO)―.

・Organization expansion such as NGO not caught in frame of national nation.

・Increase of roles of international organizations of WTO, WIPO, and IMF, etc.

・Globalization of social trouble.

・Worldwide fashion of epidemic.

・Environmental problems in the entire earth.

・Worldwide participation in dispute.

etc.


○関連項目―英語、インターネット、大航海時代、シルクロード、植民地化、携帯電話、テレビ、ラジオ、映画、通信衛星、欧米化、情報ネットワーク、日本のアニメ漫画、戦争、開発、貿易、スイス銀行、国際交流、エスニック料理、格差社会、国際連合、NGO、NPO、SNS、エアライン、(無)差別、ウィキペディア、ブログ、You Tube、産業革命、クレジットカード、Twitter、ボランティア、コンピュータゲーム、人権、コカ・コーラ、ファーストフード、ファミリーレストラン、宿泊施設、コンビニエンスストア、出会い系サイト、環境問題、鉄道、インターナショナリゼーション、輸送、アメリカナイゼーション、自動車産業、オリンピック、パラリンピック、ワールドカップ、グローバル資本主義、世界の一体化、反グローバリゼーション、マルクス主義、レスリング、ブランド、ウェブサイト、キャバレー、風俗、ギャンブル、フットボール、サッカー、宗教、ガソリンスタンド、コスモポリタン、国境なき医師団、国境なき記者団

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 9人

もっと見る

開設日
2011年2月2日

2336日間運営

カテゴリ
その他
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!