mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Timid MC

Timid MC

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2012年12月17日 00:29更新

Jaylon "Timid" Carter公式ファンページ。

http://www.timidmc.com/
ぴかぴか(新しい)本人経由の情報をStatesより先行配信するかも…ですぴかぴか(新しい)


 Jaylon Carter (Timid)はあらゆるHIPHOP文化に触れて現在に至る。
ホノルル(ハワイ)にてダンスチームを組み、その後はハワイ島周辺の数々のイベントにDJとして参加。また、HIPHOPのルーツであるニューヨークに移って以降はMCとして自身のパフォーマンス、そしてまた作曲家として音源提供までを行い、現在ニューヨークのHIPHOPシーンを盛り上げている。

 Timidと彼のパートナーが3つのトラックをデモ音源にまとめた事が、音楽の道へ進むきっかけとなった。
その後、So So Def All Starsコンピレーションに挿入され90年代後半、世界的にヒットしたGhost Town DJ陣による『My Boo』を発信したことで知られるMega Ace Multimedia監修によるBlast Mediaというカナダのレコード会社より発売されたHIPHOPベースミュージックのコンピレーションアルバム『Drive By Bass』にTimidの『MY SOUL』が収録される。その自身の曲と共に、プロデュースとMC活動を続けていたタラシー(フロリダ)に一時移動する。

 Timidは音楽分野以外でも、電子マガジンAltrap.comの作家/評論家/インタビュアー/デザイナーとして活動した実績を持っている。カナダのウェブサイトMVRemix.comに掲載されたTimidのレビューが評価され、業界誌ワンダーツインヅが、ファットビーツにより世界中に発行している『コネックスリスト』のライターとしても活躍。現在もTimidはオンラインの電子マガジンOneTwoOneTwo.comを率いている。
 
 Timidは数々なメジャーなHip Hopウェブサイトにて高く評価され世界中のミックステープにフューチャリングし、フロリダ、アフリカ、カナダ、また日本でラジオ放送も行われた過去を持つ。ステージパフォーマンスを一時休止した際には、TVやラジオのオファーを多く受け、オーストラリアやワシントンDCで活躍した。

 これまでにTimidはTravis Barker、DJ AM、Warren G、Paul Wall、Jeru The Damaja、CunninLynguist、A-Alikes、DipsetのAgallahやPackDM、Camp Lo等のアーティスト、またHIPHOPのベテランとも云えるMikeyD (MikeyD & The LA.Posse/ Main Sourse)、Granddaddy IU、Edo G、Lin Que(X-Clan、MC Lyte)またDomingo等と共演・共作をし、老舗HIPHOPレーベルRawkus Recordから自身がプロデュースしたCDらをドロップ。日本ではHandcuts Recordsよりリリースした。昨2010年夏には、MCとして単独で北欧ツアーも行った。


『アングラは1989年頃から未だにドロップされ続けている。近頃ではバカなミーハーやギャングバンガーに反して、
アングラのゲートを守っているTimidという面白いやつがいる。』
−Wired Magazine出典

 TimidはMCの中のMCである。知的で、考えさせられる深いリリックがジャズやファンクにソウル、またクラシックオーケストラに影響を受けた彼の音に落とされる。
 彼の2年目のリリース『No Time For The Jibba Jabba』では彼のリリシズムに知性を存分に堪能できる。良いHIPHOPはまだ死んじゃいない。HIPHOPという大きいグラウンドの中でTimidは彼の権利を主張すると心に決めた。

『スキルはそこにある。勘違いしないでくれ、Timidには確実に将来が見える。』
−MVRemix.com出典

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 23人

もっと見る

開設日
2011年1月28日

2221日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!