mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > ノーベル文学賞・推進コミュ

ノーベル文学賞・推進コミュ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年2月4日 13:23更新

【わかりやすい問題】
村上春樹がノーベル文学賞を受賞するか否か、毎年注目されている。危険・警告なぜ村上春樹だけなのか。
(1)氏の作品は英語に翻訳しやすい日本語である
(2)著作が英語に翻訳されている日本人はせいぜい村上春樹ぐらいである
(3)上記の(2)の印象が根強いのは、事実に基づくからである



【文化庁はノーベル文学賞の重要性を軽視している】
2010年以降、ノーベル化学賞に鈴木章氏と根岸英一氏が選ばれてから、化学に対する意識向上がメディアによって煽られている。事実、化学は人類が生きていく上で有用なものであり、日本人が優れた研究者を輩出することは、外交上、そのような強みを持つという印象を強く与える。しかしながら一方で、文学は生きる上で必要のないこととされ、化学より軽視される傾向にある。それは正しいだろうか。



【中国のノーベル平和賞に対する態度を見よ】
劉暁波氏がノーベル平和賞を受賞した。これに対し中国は、各国へノーベル平和賞授賞式への参加拒否を求めた。ノーベル賞が、ありうべき世界基準の民主主義の規範であることが、明らかである。日本で平和を唱え、小説を書き、詩を編むことは、何にもならない。しかし中国では、それらは根本的に危険な作業である。



【文芸は人性に関わっており、ゆえに根本的に政府と関わる】
文芸と政治を分離することは、可能であるが、根本的にそれらと人との関わりを裁ち切ることはできない。ヒュームは人間を考察するものとして「論理学」「道徳」「文芸論」「政治論」の四つを挙げている。現代日本において「文芸」を<好み>の問題とし、「政治」を<共通>の問題として区別することそれ自体に<好み>が作用しているのは、明らかだ。



【日本の文芸はふやけているのか?】
日本の文芸はふやけてはいない。ふやけた読者が<好み>でふやけた文学を選択しているに過ぎない。これは、日本がいだくべき根本的思想が欠けている為である。たとえば『婦人公論』を見給え。なぜ婦人がたの徴兵は是か否か議論しないのであるか。これは編集者がふやけている為である。主婦が家庭の為政者にならなければならないことは、大正時代にもはや確認され、実践に移されたことだ。今や家計といえば「お金を浮かせて娯楽に使うこと」である。これは生活に関わらない。



危険・警告【文化庁が行なっている翻訳事業はお遊びである】危険・警告
2011年現在、文化庁によるJLPPという「日本文学出版事業」(http://www.jlpp.go.jp/)は、翻訳コンクールを行なっている。翻訳言語は英語かドイツ語のみで、危険・警告出版経験のあるものは応募できない規定がある。彼らは本気で日本人の文芸を生活と密着させたものにしようと考えているのか? 大枚叩いてでも各国で日本の本を出版すべきである。2002年JLLP発足当時は、事業独自で翻訳者を雇い、翻訳出版を行なった。だが情けない結果を見てみよう。「2010年現在、翻訳対象選定は121作品、出版されたものは86点、出版を予定されている作品は16点となっています。」一体、出版される予定もない本があるということは、どういうことか? また以前の翻訳事業は一体どのようなものであったのか? ページすら見当たらないのである。危険・警告明らかのは、この事業の影響が外国ではカスみたいなものであるということである。事業の掲げる<発信>はなされたが<普及>はなされていないのである。


【問題は二つ】
(1)予算捻出で闘争せよ
(2)事業指針を忘れる者は無能だから炭坑夫にでもなれ
金さえ払えばいいのである。金がないから、他人まかせのコンクール事業なぞ行なう。全く目的がそれて仕舞っている。良き翻訳者の発掘は他でやればよろしい。事業指針がぶれている。事業指針はあくまで日本文芸の海外への<発信><普及>である。


【ありうべき事業方針】
同じ著者の作品を何度も翻訳して出さなければ、根強い印象は与えられない。翻訳者の<好み>にまかせ<気まぐれ>を待っているようでは、何も起こらない。金を払って同じ作家の著作を続けて出すべきである。翻訳は仕事であるーーこのことが、お遊び文化庁にはかわらないのだ。


【コミュニティ方針】
ノーベル文学賞の重要性に関する議論から、文化庁や事業主(2009年4月より凸版印刷株式会社が委託されている)に強く抗議する機運を作る。また、日本ペンクラブに要望を提出するなどの、mixiコミュニティとしては現実的かつ実践的な態度をとる。


2011 Jan 12 現在

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2011年1月13日

2328日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!