mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 映画 > 韓国映画★男たちの挽歌

韓国映画★男たちの挽歌

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年1月20日 13:16更新

◆『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』◆

第23回東京国際映画祭 特別招待作品 2011/2/19日本公開
オフィシャルサイト http://banka2011.com/top.html

香港ノワール『男たちの挽歌』(86)を、当時のスタイリッシュなアクションとファッションを象徴化し、韓国の情緒とドラマにより人間味あふれるヒューマニズムで、新たな息吹を注いだリメイクならぬリバース作品。

◆ジョン・ウー コメント インタビュー(オフィシャルサイト:作品情報より)
「これまで、いろいろな国の映画人から『男たちの挽歌』をリメイクしたいというオファーをもらっていた。でも、ほとんどの人が、あの作品を単なるアクション映画として片付けていた。オリジナルが持つテーマは、人間の感情。例えば、兄弟愛や友情のために自らを犠牲にする精神だ。ソン・ヘソン監督が書いた脚本には、そのような感情が情緒的に表現されており、そこには驚くべき発見もあった。
だから、今回リメイクを快諾したんだ。その驚くべき発見とは、北朝鮮から来た兄弟、という設定自体にも驚いたが、兄弟愛を物語の中心に置いたことだ。私がオリジナルを撮ったとき、兄弟愛を上手く扱えなかったことを悔やんだ。あのとき、私ができなかったことを、今回ヘソン監督がやってくれたんだ。
ヒッチコック監督の『サイコ』でもわかるように、過去のリメイク作はオリジナルのシーン、一つ一つをコピーするように撮っていた。しかし、『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』はオリジナルの素材だけを利用し、独自のスタイルでソン・ヘソン監督の人生観と感情まで表現している。まさにリメイクの成功例といえるだろう。作品を見ているときは、オリジナルを忘れるほど興奮し、感動して涙が溢れた」
http://banka2011.com/about/cast.html

◆1986年、たった1本の香港映画が全世界を震撼させた──
ジョン・ウー監督作『男たちの挽歌』。“香港ノワール”と呼ばれた、これまで見たことのないバイオレンス・アクションと、個性豊かなキャラクターによるエモーショナルなドラマの融合は、これまでの香港映画が持っていたイメージを一気に覆した。
そして、映画ファンのみならず、クエンティン・タランティーノをはじめ、未来のクリエイターたちにも多大な影響を与えることになった。そんな唯一無二の傑作が、四半世紀の時を経て、ついによみがえる! 世界初となる公式リメイクの枠を超えた、“リウェイク=再覚醒”作品として!!

チュ・ジンモ   (ヒョク)
ソン・スンホン (ヨンチュン)
キム・ガンウ  (チョル)
チョ・ハンソン  (テミン)

製作総指揮: ジョン・ウー
監督    : ソン・ヘソン
『無籍者』 『無敵者』 『무적자』
◆ようこそ はじめまして。 ご挨拶はこちらでお願い致しますm(__)m♪
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=59203046&comm_id=5420624

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 66人

もっと見る

開設日
2011年1月8日

2530日間運営

カテゴリ
映画
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!