mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > ユートピア(競走馬)

ユートピア(競走馬)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2013年2月16日 19:21更新

ユートピア(英語表記:Utopia、香港表記:烏托邦)は、日本生まれの元競走馬。現在はマクマホン・オブ・サラトガ・サラブレッズで繋養され、2008年春より種牡馬となっている。半兄に1997年の中京記念、函館記念を制したアロハドリーム(父クリエイター)がいる。

デビューは2002年の秋の京都競馬。初戦は5着と敗れるが、折り返しの新馬戦でダート競走に切り替えると、2着に1.5秒差をつける圧勝を飾る。その勢いで次走のシクラメンステークス(ダートオープン競走)も圧勝。暮れの全日本2歳優駿に駒を進めると、そこでも4馬身差の圧勝で2歳のダート王に輝く。

3歳時にはユニコーンステークスで中央重賞を初勝利すると、ジャパンダートダービーでハナ差2着でビッグウルフに敗れるも、ダービーグランプリで今度はビッグウルフを4馬身ちぎって統一GI2勝目を挙げる。しかし秋のGI2走は共に2桁着順に終わる。

4歳になってからはしばらく芝路線を歩むことになるのだが勝ち切るまでには至らなかった。秋になって統一GIマイルチャンピオンシップ南部杯に出走。同競走ではダート王のアドマイヤドンに土を付け快勝し、統一GI3勝目を飾る。その後のレースでは凡走が続く。未勝利のまま1年が過ぎ、再びマイルチャンピオンシップ南部杯へ出走。見事勝利し、史上2頭目の同競走連覇を飾った。 その後は、再び凡走を繰り返したが、6歳のフェブラリーステークスでは3着に入り、再び復活の兆しを見せた。その後、ドバイミーティング、ゴドルフィンマイル(ダート1600m)で、武豊との久しぶりのコンビで、見事な逃げ切りでの勝利を収め、日本調教馬による初の海外ダート重賞制覇を達成した。

主立った競走成績からは本馬はダート馬であるとの印象を受けがちだが、芝のレースでも2003年のNHKマイルカップ・2004年の安田記念でそれぞれ4着に好走したこともある。一方、2004年の北九州記念では1番人気で5着、2005年の安田記念は14番人気で14着と沈んでおり、競走成績を通じて芝の勝ち鞍は無く、ダート戦ほどの成績を残すことはなかった。

2006年5月2日、アラブ首長国連邦のシェイク・モハメド率いるゴドルフィンへの移籍が決定した。移籍金は400万ドル。日本の現役GI馬が海外に移籍するのは、シーキングザパールに続いて2頭目である。

移籍初戦については、当初は11月のブリーダーズカップ・マイルかブリーダーズカップ・クラシックを予定していた(が、出走回避)。一方で、10月26日にジャパンカップダートの外国招待馬に選出されたことがJRAより発表され、初戦にいきなり日本での凱旋出走が実現するかと思われたが、11月9日までに招待辞退が発表された。結局、2007年5月の米国ベルモントパーク競馬場におけるウェストチェスターハンデキャップ(G3)が移籍初戦となり、1年以上のブランクはあったものの勝利で復帰を飾った。

しかし、次走がメトロポリタンハンデキャップに決定し、移籍後初G1出走を期待されたが脚の感染症が発見され回避となり、6月8日にはベルモントステークスのアンダーカードとして行われた、バードストーンステークスにも出走を予定していたが、前脚蹄又に異常が見つかった為、回避している。そしてようやく移籍後2戦目として出走したのは10月5日に行われた米国メドウランズ競馬場のG2、メドウランズカップハンデキャップ。しかし、大きく離れた6着に敗れた。続く11月17日のスタイヴァザントハンデキャップ(G3)で2着に入ったのを最後に引退が決定し、アメリカで種牡馬入りすることとなった。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 2人
開設日
2010年12月29日

2281日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!