mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > Luv(sic) Part 5

Luv(sic) Part 5

Luv(sic) Part 5

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2015年7月22日 11:34更新

Luv(sic) pt.5

'till death do us apart, and it did
come sudden like clouds, and it hid my sun,
my truth heavier than imagined, a lid die-cast in lead
on our lives we nourished
and the days we cherished as kids
we let them whizz on by, but when I rewind
your smile is the only thing that comes to mind
your smile is the only thing that shines

in your last breath you told me, that you had to go
'cause it pained you so,
oh I loved you so much so
was I selfish to hold on,
and cling on to your body that hosts a soul
that wanted to set free the eagle in a cage
and you became eagerly what I wanted to be
you the person to leave, I the person
to see off another best friend to land's end
I watched grown men moan, and women weep
as you quietly descended six feet deep
but the spirit ascended before our wet eyes
a gift from god, returned to sender
though I like to pretend that this never happened
I can turn around and see you laughing
but the fact is you could never practice
getting blind-sided and eating the wind shield
endless field of shards of glass
this too shall pass, but reality bites, it says not so fast
first you must climb a calvary of shattered hopes
and then a mountain of prayers unheard
'till you reach that peak where you can see the dark abyss below
then you let me know if you have what it takes for a leap of faith
I had to say, hell no, heaven yes, but not yet
please bless a forehead, cold in a bed
or alone on the road with nobody to hold
when the pouring rain is too much to bear
it's a reason to live for a seed that needs care

'till death do us apart and it did
come sudden like clouds and it hid my sun,
my truth heavier than imagined, a lid die-cast in lead
on our lives we nourished
and the days we cherished as kids
we let it whizz on by, but when I rewind
your smile is the only thing that comes to mind
your smile is the only thing that shines

now I hit this stage in honor of you,
how's the other side, I bet it's a splendid view
no more stress for rent, or to make ends
collide in a cocktail, shame with envy
I can hide behind lens that block the UV
looking in from the outside the bowl is murky
the toll for the bridge is rising
weatherman says storm, city hall is burning
same ol' chaos, gotta shut my cell like I'm waiting to take off
on the runway, scoping out the window
the moisture covers the sight though
telling myself it's just another day in the life of a starving artist
trying to paint a dream you woke from,
chasing the departed
we used to hang by the banks to see who can skip a stone the farthest
what I thought was a stream is now an ocean
no such thing as an extreme to show devotion
to your craft, which I didn't know the half
tried to knock down your door and caught the backdraft
and a whiplash, all in reverse
then I finally stood up and said, we reserve the right to serve anyone
and on the same note you deserve the best of the most fun
by the way I got your letter, you said you were fed up
well I second that and I reckon that you tried
so I don't place a blame that you took the fifth,
and the first flight out of town, into the mist

'till death do us apart and it did
come sudden like clouds and it hid my sun,
your truth heavier than imagined, a lid die-cast in lead
on our lives we nourished
and the days we cherished as kids
we let 'em whizz on by, but when I rewind
your smile is the only thing that comes to mind
your smile is the only thing that shines

your smile is the only thing that comes to mind
your smile is the only thing that shines

whether a tree lives to see the end of centuries
or a random hand picks it instantly
life is art, a miracle for all to believe,
I must tell you that you lived beautifully



Luv(sic) part5

死が二人を分かつまで、それは起きた
突然現れた雲のように、私の太陽を隠した
真実は思っていたよりも重く
鉛に象った蓋は 私たちが培った人生を覆う
子供のときに楽しんだ日々
あっと言う間に見過ごしてしまったけど
巻き戻してみれば
あなたの笑顔だけが浮かんでる
あなたの笑顔だけが光っている

最期の息で教えてくれた、もう行かなければと
痛みがもう限界だと
本当に好きだったから、勝手だった
あなたの魂が宿る身体に縋っていたことは
籠に閉じ込められた鷲を放そうとしていたあなたは
自ら、私が憧れていた人になった
あなたが発ち、私はまた一人
友が地の果てに行くのを見届ける
大人の男が呻き、女は涙した
あなたが地の底に降りて行くのを見つめながら
でも濡れた瞳に昇る魂が映った
神からの贈り物が送り主に戻った
まだ、すべてなかったことにしたい
振り向けばそこで笑っているのが見える
でも実際には練習できない
唐突にぶつけられてフロントガラスに直撃するなんてことは
見渡す限りの硝子の破片
これもいつか終わるんだと、
現実はそうさせてくれない
先ずこの壊れた希望の丘を登り、
そして見捨てられた祈りの山に立て
奈落を見渡せる頂上に辿り着いたら、
信仰を持って飛べるのか教えてくれ
私は、いやまだ到底無理です、と言った
でも横たわっている冷たい額に、
誰の温もりもなく歩いている人に光を下さい
土砂降りの雨が耐え切れなくても
まだ愛が必要な種の為には生きる理由があるから

死が二人を分かつまで、それは起きた
突然現れた雲のように、私の太陽を隠した
真実は思っていたよりも重く
鉛に象った蓋は 私たちが培った人生を覆う
子供のときに楽しんだ日々
あっと言う間に見過ごしてしまったけど
巻き戻してみれば
あなたの笑顔だけが浮かんでる
あなたの笑顔だけが光っている

あなたを想いステージに立つ
そっち側はどうだい、きっと素晴らしい眺めだろう
家賃の心配もなく、切り詰めて行く
恥と羨みの感情の渦
紫外線を防ぐレンズの裏に隠れることもできる
外から見た水槽は濁っている
橋の料金は上がり、天気予報士は嵐を告ぐ、市庁が燃えている
いつもの混乱、滑走路みたいに落とす電源
窓の外を眺めても水分が視界を遮る
腹を空かした芸術家の日常だと言い聞かせる
醒めたばかりの夢を描くように
去ったものを追いかける
土手で石を投げて水切り競争をしたね
小川だと思っていたものが海になっていた
自分の業に見せる心酔は、大袈裟じゃないのに
それを全く知らずに
扉を破ろうとしたら逆気流に吹き飛ばされた
鞭打ちになり、すべてが逆再生された
ようやく立ち上がり、
私たちは誰に仕えるか選ぶ権利がある、と
そして、あなたは最も楽しい一時を味わうべきだ、と言った
受け取った手紙には、心底疲れたと書いてあった
同じ気持ちだし、頑張ったことは知っている
だから誰も責めることはない
何も言わずに、始発便で霧の中に消えても

死が二人を分かつまで、それは起きた
突然現れた雲のように、私の太陽を隠した
あなたの真実は思っていたよりも重く
鉛に象った蓋は 私たちが培った人生を覆う
子供のときに楽しんだ日々
あっと言う間に見過ごしてしまったけど
巻き戻してみれば
あなたの笑顔だけが浮かんでる
あなたの笑顔だけが光っている

あなたの笑顔だけが浮かんでる
あなたの笑顔だけが光っている

ひとつの木が世紀の終わりまで生きようと
突然、誰かに摘まれてしまっても
命は芸術であり、全員が信じれる奇跡
あなたは美しく生きたんだと伝えたい


Luv(sic) pt.5
http://www.youtube.com/watch?v=um0DAZvDC-w&feature=player_embedded#!

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 20人

もっと見る

開設日
2010年12月25日

2178日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!