mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > MSM-03C ハイゴッグ

MSM-03C ハイゴッグ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年8月18日 10:17更新

ハイゴッグの曲線美で飯が食えるグッドセンスな輩の集う水陸両用なコミュニティ。

ハイゴッグの雄姿をマイコミュに置いておきたい人どうぞ。

---MSM-03Cゴッグ全面改装型(HY-GOG)---
全 高 15.4m
自重量 54.5t
総出力 2735kw
水中速度 89kt
頭頂高 15.4m
総重量 79.2t
総推力 86.0t
規準排水量 235.0t

ハイゴッグはゴッグの機体コンセプトのみを継承した機体で、モノアイの形状、ショルダーアーマーの構造変更、さらに機体の小型軽量化などを盛り込んだ新規設計のMSである。

ゴッグの全高が18.3mであったのに対し、ハイゴッグは15.4mであり、当時としては驚異的に小さいMSといえるが、エネルギーCAPをはじめ最新の技術が導入されているため、むしろ性能は格段に向上していると言えよう。

生産性も向上し、終戦までの間に相当数が生産された。特務部隊に配備された機体もあり、連邦軍北極基地を壊滅するなどの戦果を挙げている。 

ハイゴッグは同じ統合整備計画でMSM-07をマイナーチェンジしたMSM-07Eとは違い、機体コンセプトのみを継承した完全な新設計機である。

モノアイの形状を始め全身の関節や機体構造そのものが全く異なっており、殊にショルダーアーマーは可動式となっている。そして最大の特徴は長大なフレキシブルアームであろう。水中航行時にはこのアームを縮納し、ショルダーアーマーを折りたたむことによって簡単な機体変形を行い、運動性能を飛躍的に向上させている。

ここで言う変形は厳密な意味でのトランスフォーマブルMSのそれとは違い、通常のMSと比べて特筆すべき形状変化、という程度の意味である。更に水中航行時にはMSM-07Eと同様、脱着式の水中用ジェットパックを装備することができ、巡航能力の向上に貢献している。このジェットパックは使い捨てで、上陸時に排除する。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 108人

もっと見る

開設日
2006年1月11日

4094日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!