mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > なかの綾

なかの綾

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年7月23日 18:45更新

2010年デビューの女性ボーカリスト

「なかの綾」

の応援会

2010年11月24日

昭和歌謡の現代アレンジ盤

「ずるいひと」

でデビュー

先行7inch single

ラストメトロ/恋におちて

発売!

■なかの綾/オフィシャル・プロフィール

1985年5月7日 京都・西陣の織屋の娘として生まれる。
血液型 B型

1995年(10歳)より5年間、京都市少年合唱団(指揮者の佐渡裕をはじめクラシック業界において数々のプロを輩出)に在籍し、音楽の基礎を学ぶ。
佐渡裕、ウィーン少年合唱団との共演を経験。

2000年(15歳)オールディーズとスカコアを共存させるというコンセプトでアマチュアバンドを組み、地元のお祭りや学園祭でのステージをこなすうちに、プロ歌手を目指すようになる。

2003年(18歳)祇園のジャズクラブ、Repos(ラポー)にて専属シンガーとして歌い始まる。オールディーズ、ジャズ、アメリカンポップス、ロック、J-POP、昭和歌謡と幅広いジャンルのレパートリーを増やす。それと同時にマンスリーゲストとしてやってくるアメリカ、メキシコのシンガーのバックコーラスリーダーとして、曲の振り付けやコーラス指導に携わる。
2008年の退職までの間、NETSトヨタやライオンズクラブのパーティーにシンガーとして派遣される。

2005年(20歳)ピアニストとのアコースティックユニットrompとして、クラブ、ディスコでの活動を始める(出町柳grind、丸太町metro、二条Lab.Tribe、Bar BOWL、ロクハン、pig&whistle、樟葉P-9など)DJサウンドで盛り上がってる中でいきなりピアノ一本で歌うという試みに、数々のイベントからオファーをもらい、月2本レギュラーから月8本のライブをこなす。
同時に京都日航プリンセスで挙式聖歌隊として毎週出演。

2008年(23歳)11月、京都最後のイベントとして、丸太町メトロでの犬式LIVEにOA参加、Keycoをゲストに呼んだセッションバンドに1曲参加。
12月銀座ル・テアトルにて行われたJUJU苑にて「You've got a friend」を一緒に歌う。

2009年
・ヴォーカリスト活動
6月〜7月猿楽”夏の思い出レコ発ツアー”参加
12月西麻布エア クリスマスライブ参加
・バックコーラス
2月 Eye's(SOUND FORTE)東京タワーライブ
4月 HYANGHA東京ダイニングワンマンライブ
11月 梓(Arthills Music)京都ライブ
布袋寅泰"Modern times rock'n roll"中の”悪魔を憐れむ歌”にコーラス参加。

・影響を受けたアーティスト
青江ミナ、和田アキ子、エラ・フィッツジェラルド、ナタリー・コール、レイ・チャールズ、椎名林檎、東京スカパラダイスオーケストラ、エリカ・バドゥなどそして今まで出会ったアーティスト全員。


☆「始めて大勢の人前で”父親の鼻歌曲”を歌ったのが、地元の盆踊りのステージでした。そして18歳から働いたお店では”父親とツイストしたあの曲”のオンパレードでした。聞いた事もないようなひと世代以上昔の曲を覚えるのは大変でしたが、「こんなに若い子が!」と喜んでくれるのが嬉しいし、何より、青春時代を思い出して涙する姿を見ていたら、何か伝えて行かなければという気持ちになります。」     なかの綾

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 43人

もっと見る

開設日
2010年12月10日

2483日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!