mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 音楽 > luv(sic) pt.4

luv(sic) pt.4

luv(sic) pt.4

ログインして参加する

参加するにはログインが必要です。

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年7月29日 13:19更新

【2011年6月8日リリース】

Shing02のメッセージ
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1733946193&owner_id=297801



Luv(sic) pt.4 = Nujabes x shing02 + Emi Meyer

早くもこの曲に魅了された全ての方、どうぞよろしく★

鳥肌&涙モノ!

http://www.youtube.com/watch?v=lIZtL8Byg7U


Luv(sic) pt.4

You're about to embark on the
most wonderful experience of your life
exhale relax for a moment

Snow flakes in January
Heart warm like February,
I wouldn't ordinarily
March to the drum, play a fool like April
May the best dance in a Juno bridal
Power of the will, Julius and Augustus
Aw you know, it's just us
In a new semester, back in September
boy, I wonder if you still remember

Meet me half way from mars to venus
beep beep, the chase is on between us
Retweet the sweetest piece of confection
hand made device for remote connection
ask a question,
wait for an answer and make a suggestion
a time and a place for a first impression
second and third to a fourth dimension
rise above the weights that hold us captive
to a square, swear that I, I the captain to
cruise in sci-fi, red sky burn like sapphire
a moth to a fire, but we can fly higher
till we reach an apex
we fit tight like a glove with no latex
bring it down to earth for a cooling session
laying sideways and glazed in essence
gazed each other in the eye to find galaxies of
uncharted nebulas,
heard joy over spilled milk on a quilt, of lavender
woven in the fabric of our calendar
Dress up at the end of October,
Give thanks to the fam in November
a cold but cozy December
and we're back to the origin, so let me begin

Snow flakes in January
Heart warm like February,
I wouldn't ordinarily
March to the drum, play a fool like April
May the best sing in a June recital
Power of the will, Julius and Augustus
Aw you know, it's just us
In a new semester, back in September
boy, I wonder if you still remember

When you took my hand, I couldn't hide it
way too delighted,
tried to ride it cool but obliged to write it
wouldn't fight it, how my watch paused
when I put my lips on your eyelids
the lost second, deposit in a memory bank
every chance I pocketed a scent
a blank check with ya signature
font sans serif, the curvature, a lone harbinger
with toys play coy like fish in a pond,
fond words serve poems like dish
life is short like a doggone leash
or a fuse in an open circuitry
that got struck by lightening
hang a painting on the wall over the writing,
brighten up the room for a private dining
increase the peace and cease the anxiety
spread love and cc: the whole society
you got me shooting off on a tangent
like I always do when I'm on the fringe
and the tally of the letters will reach
the valley where the wings will seek
a series so classic at the top of October
Give thanks to the fam in November
a cold but cozy December
and we're back to the origin, so let me begin

Snow flakes in January
Heart warm like February,
I wouldn't ordinarily
March to the drum, play a fool like April
May the best sing in a June recital
Power of the will, Julius and Augustus
Aw you know, it's just us
In a new semester, back in September
boy, I wonder if you still remember


粉雪舞う一月
ハート温まる二月
いつもは人の太鼓でマーチはしないし
エイプリルフールに踊らされないけど
最良の人と六月の式でダンス
ジュリアス、アウグストゥスのような強い意志
ねえ、僕たちだけなんだ
新しい学期、九月の始まりに
想う、まだ覚えているのかって

火星と金星の中間で待ち合わせよう
追いかけっこが始まっている
一番甘美な菓子をリツイート
リモートな繋がりに手作りの道具
質問をして
答えを待って、提案してみる
第一印象の時と場所を
二、三、そして四次元へ
僕らを四角に閉じ込める重みから
解かれて、自分が船長だと誓う
SF映画のようなクルーズ
空がサファイアのように赤く燃える
火に寄る虫よりもっと高く飛べる
頂点に辿り着くまで
ゴムじゃない手袋みたいにフィット
地球に降りて来て涼むセッション
横になってエッセンスが光る
お互いの目に銀河を見つける
地図にもない星雲、ラベンダーのキルト
溢れたミルクに悦びの声
カレンダーの生地に織り込まれ
衣装を着る十月の終わり
家族に感謝する十一月
寒いけどほっとする十二月
また最初に戻って来たから、始めようか

粉雪舞う一月
ハート温まる二月
いつもは人の太鼓でマーチはしないし
エイプリルフールに踊らされないけど
最良の人と六月の式でダンス
ジュリアス、アウグストゥスのような強い意志
ねえ、僕たちだけなんだ
新しい学期、九月の始まりに
想う、まだ覚えているのかって

手を握ってくれた瞬間、隠せなかった
嬉し過ぎた
クールに過ごそうとしても書かなくちゃいけない
こらえる事もない、腕時計が止まったのは
僕の唇が君の瞼に触れた時
失われた一秒は記憶の口座に
いつも残り香をポケットに入れる度
送った空白の小切手に君のサイン
サンセリフのフォント、曲線が唯一の兆し
池の鯉、おもちゃではぐらかす
好きな言葉を詩に盛り付け
人生は犬の綱のように短い
オープンな回路のヒューズが
雷に打たれたみたいに
壁のメッセージの上に絵を飾れば
プライベートなディナーのために部屋を明るく
ピースを増やして不安を消す
愛を広めて社会にcc:する
また話が脱線してしまったね
僕がいつも端っこにいる時は
そして手紙の束は
翼が求める谷にも届く
クラシックなシリーズは十月の頭
家族に感謝する十一月
寒いけどほっとする十二月
また最初に戻って来たから、始めようか

粉雪舞う一月
ハート温まる二月
いつもは人の太鼓でマーチはしないし
エイプリルフールに踊らされないけど
最良の人が六月の会で歌う
ジュリアス、アウグストゥスのような強い意志
ねえ、僕たちだけなんだ
新しい学期、九月の始まりに
想う、まだ覚えているのかって

*****************************************

luv(sic)
http://mixi.jp/view_community.pl?id=620499

luv(sic) pt.2
http://mixi.jp/view_community.pl?id=602829

luv(sic) pt.3
http://mixi.jp/view_community.pl?id=865586

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 129人

もっと見る

開設日
2010年11月11日

2221日間運営

カテゴリ
音楽
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!