mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > スポーツ > 斎藤佑樹【日ハム】ハンカチ王子

斎藤佑樹【日ハム】ハンカチ王子

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年12月19日 15:02更新

《ハンカチ王子フィーバー》
2006年の夏の甲子園大会で早稲田実業が勝ち進むにつれて、斎藤が試合中にマウンド上でポケットに入れた青いハンカチで顔の汗を拭く姿が、斎藤の端正な顔立ちも相まって徐々にマスコミに採り上げられるようになった。その頃から「ハンカチ王子」という愛称で呼ばれるようになる。さらに「斎藤が使っているハンカチはどこのものか」といった問い合わせが百貨店や早稲田実業に殺到し、Yahoo!オークションでは同じ種類のハンカチ(ニシオ株式会社が製造・販売していた「GIUSEPPE FRASSON(ジョゼッペ・フラッソン)」)が1万円を超える値がついた。それに伴いジャスダック証券取引所に上場するハンカチメーカー川辺の株が値上がりした。また、日刊スポーツ出版社発行の「輝け甲子園の星」など、斎藤を扱った野球雑誌の売り上げが急激に伸び、写真集が発売され、週刊女性などの女性週刊誌の表紙を飾った。ニシオは同年秋に開催されるのじぎく兵庫国体・のじぎく兵庫大会のマスコットキャラクター・はばタンを刺繍したハンカチも販売しており、斎藤が甲子園球場前の売店で購入したことが報じられるが、既に製造を中止していたためレアアイテムとなった。その後ニシオ株式会社はサンリオ社とタイアップし、「幸せの青いハンカチ」と銘打って、キティちゃんの顔をあしらった青いハンカチを販売した。斎藤が日米大学野球選手権大会の選抜メンバーに選ばれ渡米すると、以前は大きく報道されることもほとんどなかった同大会の模様が毎日報道されるようになり、試合も生中継された。帰国の際には関西国際空港に500人以上のファンが集まった。「ハンカチ王子」は2006年の流行語大賞にノミネートされた。なお、候補となった際に高野連から「アマチュアである高校野球が受賞するのは不適切」とのコメントが出された。また、伊藤忠商事を始めとして複数の企業から特許庁へ商標出願がなされている。「ハンカチ王子」と呼ばれることに対し斎藤本人はスポーツ報知のインタビューで「『ハンカチ王子』は、もう終わりです。国体で最後に出したので、もうあれでいいかなと」と語っている。ちなみに、青いハンカチを使う以前は、ロッテの黒木知宏投手の背番号54入りのタオルを愛用。高校に入ってから母親が近所の商店街で購入した青いハンカチを使うようになった。なおハンカチ使用については模倣しようとする動きもあったが、高野連に広告禁止の方針があるため兵庫県では「ハンカチを意図的に使うのは野球以外のパフォーマンスにつながり、フェアプレー精神に反する」として警告された。人気が低迷していると言われていた東京六大学野球も、斎藤が早稲田大学野球部に入部した2007年から日本テレビが試合中継に乗り出し、春季リーグ対明大2回戦では観客3万人を超えた。同リーグで斎藤が登板し、早大の優勝が決まった対慶應2回戦では、神宮球場に約3万6000人の観衆が集まり立ち見が出るほどの超満員となった。満員になったのは1997年春の早慶戦第2戦以来10年ぶり。また、2007年の春季リーグの早大戦に訪れた観客数は、11試合で22万8000人、1試合平均2万727人集まり、前年度に比べ3倍近くに膨れあがった。この人気を受け、東京六大学野球連盟は史上初めてカレンダー(2008年度版、2009年度版)を発行した。2011年1月12日より、日本ハムの2軍練習拠点である千葉県鎌ケ谷市(ファイターズスタジアム)で、プロ生活の第一歩を歩み始めた。その直後から鎌ケ谷市に経済効果がもたらされ、早くもフィーバーになっている。東武鉄道ではファイターズスタジアムの最寄駅が鎌ヶ谷駅(東武野田線)である旨を、同社ホームページの「重要なお知らせ」に記載するほどとなっている。

斎藤 佑樹(1988年6月6日 - )は、北海道日本ハムファイターズに所属するプロ野球選手(投手)。群馬県太田市出身。

ぴかぴか(新しい)北海道日本ハムファイターズぴかぴか(新しい)
http://www.fighters.co.jp/team/player/detail/18.html
揺れるハートはじめまして揺れるハート
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=57560720&comm_id=5319632

【プロフィール】
出身地 群馬県新田郡新田町(現:太田市)
生年月日 1988年6月6日
身長・体重 175cm・75kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
年俸 1,500万円(2011年)
経歴 早稲田実業学校高等部―早稲田大学―北海道日本ハムファイターズ

2010年10月28日に開催されたプロ野球ドラフト会議にて、北海道日本ハムファイターズほか東京ヤクルトスワローズ、千葉ロッテマリーンズ、福岡ソフトバンクホークスの4球団が1位指名し、抽選の結果、日本ハムが交渉権を獲得した。同会議では早稲田大学の同期生である大石達也と福井優也も、それぞれ埼玉西武ライオンズと広島東洋カープに1位で指名され(大石は広島を含む他5球団との競合)、プロ野球ドラフト会議において同一大学の投手3人が1位指名を受けたのは同会議史上初となった(ポジションに関わらず3人が1位指名された例はあった)。10月30日から早慶戦を控えていたため当日には記者会見は行われず、早慶優勝決定戦翌日の11月4日に大石、福井とともに会見が開かれ、プロ入りへの意気込みを語った。同年12月6日に日本ハムとの初交渉に臨み、新人としては最高評価の年俸1500万円、契約金1億円、出来高5000万円で仮契約した。12月9日には日本ハムの本拠地・札幌ドームにおいて、2003年の新庄剛志以来7年ぶりの単独の入団会見が行われた。会見には梨田昌孝監督と藤井純一球団社長が同席し背番号「18」を披露したほか、ユニフォーム姿でマウンドに上がり初投球を披露し、トークショー、サインボール投げ入れなどのセレモニーが行われた。卒業論文のテーマは『スポーツの地方興行と観客動員の地域の中での経済効果について』。日本ハムがかつて本拠地を東京から札幌に移転したことによる地域に与えた経済的影響などについて書いた。

コミュニティにつぶやきを投稿

参加メンバー 134人

もっと見る

開設日
2010年10月31日

2276日間運営

カテゴリ
スポーツ
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!