mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 芸能人、有名人 > アルバート・ホフマン

アルバート・ホフマン

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2017年1月26日 15:56更新

アルバート・ホフマン(英: Albert Hofmann、1906年1月11日 - 2008年4月29日)は、スイスの化学者である。LSDの発明と幻覚性のあるキノコからシロシン・シロシビンを発見したことで知られる。精神薬理学の端緒を開いた。

1906年1月11日、スイスのバーデンに生まれた。チューリッヒ大学では化学を専攻していたが、やがて天然物質の研究に興味を持った。学位論文では「リンゴマイマイの胃液でキチン質を酵素分解する」をテーマにし、「キチン質の化学的成分は植物のセルロースに類似している」との結論に「優秀」の評価が与えられた。
1927年に大学を卒業すると、サンド社の薬学・化学研究所に入った。ホフマンは麦角の研究にとりかかり、1938年に開発したのがLSDであった(幻覚作用の発見は1943年)。その後は、マジックマッシュルームの幻覚成分シロシビンとシロシンを自身を実験台として発見するなど、幻覚作用を持つ物質の研究を続けた。
2008年4月29日、スイス・アールガウ州ブルック(Burg)で心臓発作により102歳で長逝した。
精神科医のオスカー・ジェニガーが、幻覚剤の科学的研究に関する文献を集め情報センターとする目的で非営利組織のアルバート・ホフマン・ファンデーションを創立している[1]。

コミュニティにつぶやきを投稿

loading

参加メンバー 119人

もっと見る

開設日
2010年10月31日

2402日間運営

カテゴリ
芸能人、有名人
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!