mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 学問、研究 > 千載和歌集

千載和歌集

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年11月6日 10:19更新

これまで古今和歌集について、コミュニティーを運営してきましたが、これに追加して千載和歌集のコミュを立ち上げます。

兄弟コミュニティー: 古今和歌集
http://mixi.jp/view_community.pl?id=1562797


ウィキペディアより:

千載和歌集(せんざいわかしゅう)は勅撰和歌集の一つ。『詞花集』の後、『新古今集』の前に位置し、八代集の第七である。 寿永二年(1183年)二月、 後白河院より藤原俊成に撰歌の院宣が伝達され[1] 、文治四年(1188年)4月22日に奏覧。俊成の私撰集『三五代集』を基に編纂されたという。構成は春(上・下)、夏、秋(上・下)、冬、離別、羇旅、哀傷、賀、恋(五巻)、雑(上・中・下)、釈教、神祇の部立からなる二十巻で、歌数は1288首。そのほとんどが短歌である。

 一条朝の正暦年間(実は永延の始め)を上限に、代々の勅撰集に漏れた秀歌や、当代の歌人の作品を収める。選歌の方針は格調と抒情性を重んじ、俊成が唱えた「幽玄」の心や、本歌取りなどの技巧を特色とする。最多入集歌人は『金葉』撰者の源俊頼(52首)で、俊成自身(36首)がそれに次ぎ、藤原基俊(26首)・崇徳院(23首)ら政治の敗者も上位を占める。他に当代歌人では俊恵・円位法師(西行)・待賢門院堀河・式子内親王、王朝歌人では和泉式部・紫式部・大江匡房・藤原公任などが目立つ。先の『詞花』に反して当代重視主義に戻り、同時代の入集歌数は全体の半数に及んだ。また、僧侶歌人の比率も二割と高い。

 平忠度が一旦、都落ちした後、都に戻り藤原俊成の屋敷に赴いて自分の歌が百余首おさめられた巻物を託し、その中の一首を俊成が詠み人知らずとして掲載しているエピソードが、平家物語によって有名になっている。

 伝本に大きな異同は見られず、鎌倉末期の写本が最古である。最近出版された『千載和歌集』の注釈本で入手しやすいのは、岩波書店の「新日本古典文学大系」本と、「新編国歌大観」本である。

コミュニティにつぶやきを投稿

トピック

参加メンバー 17人

もっと見る

開設日
2010年10月7日

2296日間運営

カテゴリ
学問、研究
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!