mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 趣味 > 特殊能力社海援隊

特殊能力社海援隊

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2016年1月31日 03:30更新

手(チョキ)よろしくです

   色々能力が有ると

      思いますが。わーい(嬉しい顔)

人生一度きりですぞ!普通の人から、脱藩してパンチ

特殊な人生歩くのも良いかもしれませんよ。獅子座

なんちゃてげっそり


なんでも良いので

  参加してください。

  特にこれといって、

      何もないですが。

   仲良く仲間を
作りましょう。指でOK

   能力の1例

無知のバリア
防御面でも超能力者は凄い能力を持っている。「無知のバリア」という防御壁を作ることが可能である。その防御壁の主な性能は「どんなに悪い悪口を言われても、意味が分からないので無視する」という心理的なダメージを防ぐ物や、「蹴られたりしても痛いという感情よりもほかの事を考えて平然とする」など肉体的なダメージを防ぐ物まである。超能力者達はこの防御壁を使い、ほとんどのダメージを防ぐことが可能である。


超能力(ちょうのうりょく)とは、通常の人間にはできないことを実現できる特殊な能力[1][2]を指すための名称。今日の科学では合理的に説明できない超自然な能力[3]を指すための名称。

目次 [非表示]
1 概説
2 「超能力」と呼ばれる以前の言及
3 超心理学における研究
4 超能力の種類
5 超能力者
5.1 エスパー
5.2 超能力者とされる著名人
6 超能力に対する様々な態度
6.1 一般人
6.2 米国の大学教授全般
6.3 懐疑論者
6.3.1 マーティン・ガードナー
6.3.2 ロバート・キャロル
6.3.3 その他
6.4 マジシャン
6.4.1 懐疑主義的立場のマジシャン
6.4.2 肯定するマジシャン
6.5 超心理学者
6.6 懐疑主義
6.7 科学啓蒙家
7 超能力をめぐる事件・法律
7.1 法との関連
8 フィクションとしての超能力
8.1 超能力と魔法
8.2 後天的な超能力
8.3 新人類としての超能力者
8.4 コミックスと超能力
8.5 美術的表現
9 超能力を扱ったフィクション
9.1 小説
9.2 アニメ、漫画作品
9.3 ゲーム
9.4 テレビ作品
9.5 映画
10 工学者による"超能力実装"研究
11 脚注
12 関連項目
13 関連文献
14 外部リンク


概説 [編集]
超能力とされる現象として、例えば「手を触れずに物を動かす」、「人の心を読み取る」などの能力が挙げられており、種類に応じて名称が与えられている。(→超能力の種類)

1900年代前半に創生された超心理学においては、超能力を情報の伝達に関する現象であるESP(Extra-sensory perception、通常の感覚器による知覚を超えた知覚) と、物体に力を及ぼし得るサイコキネシス(念力)に大別している[4]。また、ESPとサイコキネシスを合わせて、サイという名称も使われている。[5]

このような能力についての言及は古代より存在しており、インドのヨーガの領域での「シッディ」(悉地)、仏教での「神通力」[6](六神通)が知られている。六神通は『仙仏合宗』などの道教の近世の内丹書でも言及されている。(→「超能力」と呼ばれる以前の言及)

人間のそれではなく、動物の特殊な能力については「アンプサイ」と呼ばれている[7]。[8]

超能力を持つとされる人物は一般に「超能力者」と呼ばれている。(→超能力者)

超能力の存在に対し、系統だった実験的研究が1世紀以上に渡って続けられているにも関わらず、依然として超能力の存在には異論が存在する。[9] 超心理学者の中には「ESPの証拠は既に得られている」とする者もいる。だが、超心理学者の研究を徹底的に調べ上げた心理学者(レイ・ハイマンやブラックモア)は、その研究は嘘や誤りに満ちていたと結論づけている。[10](→超能力への懐疑論)

超能力を持っていないのにもかかわらず、超能力者として振る舞うことで人から巧みに金品を詐取する者もおり、事件化することもある。(→超能力をめぐる事件)

SFなどにおいては、超能力は人気の高いモチーフ・題材であり、単なる物語の小道具から人間や宇宙のあり方を見つめる哲学的主題にまで、広く用いられている。(→フィクションとしての超能力)

「超能力」と呼ばれる以前の言及 [編集]
現在「超能力」と呼ばれるような能力についての言及は古代よりあるが、現在のように「超能力」と呼ばれていたわけではなく、そういった能力は、インドの「ヨーガ」の領域では解脱により顕われるとされた力は「シッディ」と呼ばれており、「仏教」では悟りの智慧により顕われるとされた力は「神通力」と呼ばれていた[11]。

「六神通(ろくじんつう)」は仏陀やその弟子が修行によって顕したとされる神通力を六つ列挙したものである。中国の道教で唐代から重視されるようになった内丹術[12]においても、仏典の六神通の概念が借用されている。その修行のプロセスの第三段階の「煉気化神(れんきかしん)」の大周天の後半では、六神通という六つの超能力が現れるようになる[13]、と説明された。六神通とは心境通(しんきょうつう、自分の臓器が見えたり、頭脳が冴え渡る状態)、神境通(しんきょうつう。未来を予知したり、壁の向こう側のものを見る能力)、天眼通(てんげんつう。地球上の山河が手の紋でも見るように見える能力)、天耳通(てんじつう。あらゆる方角の音が聞こえ、生前のことまで目前のことのように感じられる能力)、宿命通(しゅくめいつう。人の宿命を知ることができる能力)、他心通(たしんつう。他人の心を知ることができる能力)である。[14]

ビルマにおいては「ウェイザー」と呼ばれる人がおり、それは錬金術や呪薬などの術(ローキー・ピンニャー)や仏教的修行によって超能力を獲得した存在であると信じられている。[15]



 ・ 自分と向き合う

 「自分と向き合う」という事は、本当の理想の自分をきちんと理解し、自分の人生に「何を望むか」という事を知り、なぜその夢を求めているのか「目的、理由」をハッキリ知るという事です。

【何を望むか】
▼主な項目は次の6つです。
● 仕事
● 収入
● 健康
● 趣味
● 教育
● 人間関係 (家族・恋人・友人・会社)

1.それぞれの項目別に、自分はどういう事をしたいのか?どんな生活を望んでいるのか?想像力を羽ばたかせ、理想の自分、なりたい自分を大胆に自分自身に対して要求し、目標を設定しよう!

■まず、紙と鉛筆を用意し項目別に間隔を充分にとって、とりあえず頭に浮かんだことを書き出していき、リストを作成してみよう!
(以前に、これと似たようなリストを作成したことがある方も、新しく作成する事をお勧めします)。

[アドバイス]
手に入れたい物、ほしいもの、なりたいもの、行きたい所、やってみたい事は何ですか?

[注意点]
ネガテイブな孝えでリストを作成しないこと。そして、頭に浮かんだ事は必ずリストに書きこむようにして下さい。どうすれば実現できるのかについては今は考えずに、とにかく思いつくものすべてをリストに入れるようにしよう!

2.次に、リストの中で「絶対」に実現させたいもの、どうしても実現したい!いちばん重要になる目標を1つ選びだし、そこに具体的な数字と、目標達成日を書きこむ。


・いつまでに◯キロやせる!

・いつまでに収入が一ヶ月◯◯万稼げるようになる!

・◯年◯月までに自分で店が持てるようになる! 

※必要なだけ時間をかけ、見直しもしながら自分が納得できるリストを作成して下さい。夢を実現する為の第一歩は、自分が「何を望む」かをハッキリ知ることなのです。







   

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 3人
開設日
2010年9月27日

2375日間運営

カテゴリ
趣味
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!