mixiで趣味の話をしよう

mixiコミュニティには270万を超える趣味コミュニティがあるよ
ログインもしくは登録をして同じ趣味の人と出会おう♪

ホーム > コミュニティ > 会社、団体 > 船長を審査会にかける国民の会

船長を審査会にかける国民の会

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コミュ内全体

詳細 2014年6月9日 14:37更新

尖閣諸島沖での海保との衝突事故。

那覇地検は船長の釈放を「日中関係」を理由に決定、処分留保にした。

三権分立の父モンテスキューも涙なこの事件。政治が司法に圧力をかけてよい物だろうか?
司法に「日中関係」は関係あるのだろうか?

民主主義のあり方を問うこの出来事。

また、当該事件は日本国海域で起こった事。

中国が、中国国内の外国人犯罪者を中国の法律で裁く権利があると同様に、日本にも日本の法律で犯罪者を捜査し裁く権利があります。

でなければ、法治国家の意味がありません。

釈放に反対ではないのです、釈放にする理由が「日中関係」という司法が関与すべきでない理由だから国民は釈然としません。

きちんと嫌疑をかけられた船長を調べ、事件に関与した理由において釈放なり、起訴猶予なり、起訴なりの決定をするのが検察の義務です。


日本国民として、検察のこの突拍子も無い決定に何ができるだろうか?


審査会に申し立てし、検察の決定を審査してもらうことです。

結果が同じでも良いのです。我々が知りたいのは「釈放」理由に行政の圧力があったか無かったかです。きちんと捜査した上での「釈放」なら我々は納得するでしょう。しかし、中国の圧力の中でのこのタイミングで一検察の外交を理由とした釈放はいかなる事があっても納得はいきません。

国内だけにとどまらず、日本は中国の脅しに負けた構図を作り世界の恥さらしになりました。
我々日本人が「日本は民主主義の国。法の独立は民主主義の原点」とヤクザまがいな脅しに立ち上がる姿勢を国際社会に見せるべきです。

検察審査会に申し立てし、我々市民が物事を明確にする事は自然な流れです。

コミュニティにつぶやきを投稿

最近の投稿がありません泣き顔
つぶやき・トピック・イベント・アンケートを作成して参加者と交流しようわーい(嬉しい顔)
参加メンバー 10人

もっと見る

開設日
2010年9月24日

2636日間運営

カテゴリ
会社、団体
関連ワード
関連ワードを登録しよう

編集から関連ワードを登録すると、コミュニティがmixiワードに表示されるようになります!